千葉ロッテ、3日連続でルーキーが活躍、ドラフト1位・石川歩投手が完投で初勝利

千葉ロッテルーキーニュース

 千葉ロッテは一昨日にドラフト5位の井上晴哉選手が3安打の活躍を見せ、昨日はドラフト4位の吉原正平投手がリリーフで初勝利、そしてドラフト1位の石川歩投手とドラフト2位の吉田裕太捕手のバッテリーで完投で勝利と、ルーキーがチームに勝利をもたらしている。

 

3安打6奪三振で完投

 オープン戦の時は打者の手元で小さく曲がり空振りを奪っていたスプリットだったが、リーグが始まってからプロの打者は対応するようになった。この日も初回の先頭打者に四球を与えると大谷翔平選手にタイムリーを打たれて1点を奪われる。しかし、この日はシンカーでタイミングを外して打たせて取るようにすると、2回以降で許したヒットは2本のみ、9回を3安打6奪三振2四球で1失点完投勝利を挙げた。

 東京ガス時代はリリーフで投げる事も多く、先発では6回前後で降板することが多かった。ドラフト会議で2球団が1位指名し最終的に社会人NO1投手と評価された実力を発揮した。石川投手はオープン戦などから8試合に登板してまだ負がついていない。またチームでもまだ完投勝利が無く、ルーキーが初勝利となったことに伊東監督は「いい刺激になる」と話した。

 

ルーキーでチームを盛り上げる

 「吉原が勝って焦りはあった」と話した石川投手、前日にプロ初勝利を手にした吉原投手にプロ初勝利を先に越されていたが、堂々の完投勝利で1勝で並んだ。チーム内のライバルがお互いに引き上げる関係になっている。またこの日はヒットが無かったものの石川投手をリードしたのはドラフト2位の吉田裕太捕手、1年目で落ち着いてリードしている姿は、昨年注目された大学生捕手のドラフト候補の中で最初に指名され、大学生NO1捕手だった事を証明してみせた。バッテリーの勝利だといえる。

 井上晴哉選手はこの日は6番DHで出場し、ヒットは無かったものの相手のエラーや2つの四球で出塁しチームに貢献した。ルーキーがチームの為のプレーをしている。まさに大成功のドラフトだった。

 

 最速144キロの直球は威力十分。変化球も内外角の低めに集めた。序盤は風速3メートル前後だった風が終盤に8メートル前後になると「シンカーは止まる感じが出て、曲がりが大きくなった」。中堅後方から吹きつける本拠地特有の強い海風も味方につけた。勝利投手の権利を手にした4点リードの5回終了後、雨が強まり34分間中断。「正直このまま終わってくれと思った」。雨は上がって試合再開したが、気持ちは切らさなかった。

 プロ初登板だった3月30日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)は5回2/3を2失点も、中盤に球速が落ちた。その反省から、筋力トレーニングを登板翌日から3日後に変更。「体に適度な張りが残ったまま臨めた」という今回は9回に最速144キロを計測するなど球威が落ちず、わずか3安打に封じた。

 4日はドラフト5位のアジャ井上が、プロ初安打を含む猛打賞。5日はドラフト4位の吉原がプロ1勝と、日本生命出身の新人が連続でヒーローとなった。

 初登板だった3月30日ソフトバンク戦(ヤフオクD)では、6回途中2失点とまずまずの内容も勝ち星はつかず。「吉原が勝って焦りはあったけど、なるべく考えずにいきました」

 普段は「プロはすげぇな」、「打たれるイメージしか湧かない」と、自信なさげな受け答えが目立つ。だが、新人バッテリーを組む吉田は「(先発する日は)近寄りがたくなる。オーラ放っていると言うか…『こち亀の本田』みたいな感じですね」と表現。バイクにまたがれば人が変わる国民的漫画のキャラクターのように、マウンドの上ではエースの顔に変わる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント