イースタン選抜、ヤクルト・村上選手満塁弾とロッテ・安田選手2点タイムリーで韓国に勝利

村上宗隆, 安田尚憲

アジアウインターリーグでは、イースタン選抜が韓国選抜に8-4で勝利した・ヤクルトの村上宗隆選手が今大会3号となる満塁ホームランで逆転すると、千葉ロッテの安田尚憲選手のタイムリー2ベースで突き放した。

ルーキーコンビ

この日の韓国戦は初回に1-2とリードされると、6回にも追加点を奪われ1-3となった。しかし7回、1アウト満塁からヤクルトのドラフト4位ルーキー・塩見泰隆選手のタイムリーヒットで1点を追い上げると、代打で村上宗隆選手が打席に入り、ライトオーバーの満塁ホームランを叩き込んだ。これで6-3と逆転、村上選手は今大会3本目のホームランとなった。

また9回にはこの日3番サードでスタメン出場をしていた千葉ロッテの安田尚憲選手選手がタイムリー2ベースヒットを放ち、突き放して勝利した。昨年のドラフト1位で指名された期待の高校生卒スラッガーが活躍し勝利した。

ここに清宮選手もいれば夢のような打線だったが、村上選手、安田選手も清宮選手に追いつくべく奮闘を続けている。来年は3人とも1軍で、チームの主軸として打てるくらいになってほしいし、それくらい期待をしても良い選手たちだろう。

2017ドラフト指名選手


PAGE TOP