JABA東北大会はJX-ENEOSが優勝、ドラフト候補の大城基志投手、井領雅貴選手が受賞、JABA九州大会はHonda熊本が優勝

社会人野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 JABA東北大会はJX-ENEOS vs 新日鐵住金鹿島の試合が行われ、JX-ENEOSが昨年のMVP男でドラフト候補の大城基志投手が3失点しながらも8回を完投し、打っては同じくドラフト候補の井領雅貴選手がこの日も2本の2ベースヒットを記録して10-3で8回コールドで優勝を決めた。

 MVPには大城基志選手が選ばれ、井領選手は16打数10安打、打率.625で首位打者賞を獲得した。井領選手は日本製紙石巻戦でも2本の2ベースを放ち、バイタルネット戦ではホームランを放った。今年はドラフト会議での指名がありそうだ。

 またJABA九州大会は、日立製作所、沖縄電力を破ったHonda熊本が優勝を飾った。決勝戦では九産大から入社し今年1年目の145km/h右腕・下平裕次郎投手が1失点完投勝利を挙げた。

MVPには明大出身の2年目・隈部智也投手が選ばれた。隈部投手はリリーフ左腕として2試合でピンチを摘み取り優勝に貢献した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント