【2015ドラフト注目ポイント】かずさマジック・加藤貴之投手、プロへ行きたい

社会人野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 昨年のドラフト会議で社会人左腕投手として、ドラフト上位候補にも名前が上がりながらも自らチーム残留の意思を伝えた新日鐵住金かずさマジックの加藤貴之投手、週刊ベースボールの記事でプロへの思いを話している。

チーム残留とプロへの思い

 記事では加藤貴之投手のコメント共にチーム残留を決めた事について書かれている。一昨年は岡本健投手(2013年福岡ソフトバンク3位)という絶対的なエースがいる中でリリーフとして大活躍を見せて日本選手権で優勝し、岡本投手が抜けた2014年はエースとして指名されていた。しかし都市対抗では東京ガス戦で3-1の8回からリリーフ登板したものの逆転サヨナラ負け、日本選手権には関東最終予選で先発したものの敗退したことが、チーム残留を決断させたという。

 日本選手権最終予選の日本通運戦では打球を右足に当てて降板したが左肘の状態も良くなかったといい、このことがプロ入りについて「そんなにチャンスはないと思っている。でも行けないと教えてくれた」と話し、「1年間努力し、誰もが認める結果を残しプロの世界に挑みたい」と話している。

 また今年の目標について「公式戦で1試合も負けたくない。都市対抗と日本選手権の優勝を狙います」と話し、「僕はかずさマジックに何も残していない。負けたままでは行けません。勝ったうえでプロへ行きたい」と、チームに何らかの結果を残した上でのプロ入りの意思を明らかにした。

 

慎重な育成で

 加藤貴之投手は拓大紅陵出身で、180cm近くの大型左腕という評価だがそれほど評価が高かったわけではない。甲子園に出場したりといった実績も無かった。

 しかしかずさマジックでは入団した時から将来のエースとして育てると鈴木監督が考え、まずは野球の勉強をするため、野手として1年間プレーさせた。そして2年目に投手に戻したのだが、そこで肩痛を発症してしまう。それでもあせらずに2013年まで2年間をかけてじっくりと育てた。

 また岡本健投手と比較されて焦らないように、また監督が「失敗体験をさせない」ようにと、中継ぎとして試合出場を重ねてゆき、2013年の日本選手権では満を持してリリーフエースとして活躍を見せた。

 同期だった岡本健投手が、神戸国際大付時代からプロ注目の投手で甲子園にも出場しており、最短の3年間でプロ入りしたのに対し、加藤貴之投手は野手転向で1年、肩痛で1年、そして今年のチーム残留で1年と対照的に時間を重ねている。それら1年1年の積み重ねが花開くのが今年だと信じ、1年間の加藤投手の活躍に注目したい。

 そしてドラフトでは再び上位候補として名前が挙がる事になりそうだ。

人生選択の正解を証明する1年 加藤貴之  週刊ベースボール 2015/1/26日号

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント