2018年ドラフト候補、社会人編

金井貴之, 平尾奎太, 笹川晃平, 大貫晋一, 永谷暢章, 生田目翼, 瀧中瞭太, 高橋拓巳, 高橋史典, 岩本喜照, 臼井浩, 齋藤友貴哉, 吉川峻平, 堀誠

2018年のドラフト候補を紹介していきます。今日は社会人野球編。

2017年は

JR東日本の田嶋大樹が序盤から終盤まで一強のままドラフト会議を迎える事になり、ドラフト会議でも2球団が1位指名しオリックス入りが決まった。ドラフト1位では鈴木博志投手も入り、2位でもトヨタ自動車の藤岡裕大選手が千葉ロッテ、三菱重工広島の大下佑馬投手が東京ヤクルト、NTT東日本の西村天裕投手が北海道日本ハム、日立製作所の鈴木康平投手がオリックス、大阪ガスの岸田行倫捕手が読売、日本生命の神里和毅選手が横浜DeNAと次々と指名されていった。

2016年は2位までに社会人は2人だけだった。大学生の候補が少なかった事もあるが、もあるが、大躍進となった年になった。

注目選手

田中正義世代の大学生卒選手と、高橋純平・小笠原慎之介世代の高校卒選手がドラフト解禁となる。

Hondaの齋藤友貴哉投手は桐蔭横浜大時代も注目されたがドラフト下位指名候補だった。社会人では151の速球がコントロールも安定してきており、投げる球の迫力も増している。ドラフト上位での指名が濃厚。同じく桐蔭横浜大時代にドラフト上位指名の可能性もあった高橋拓巳投手も日本生命で実績を積んでいる。

流通経済大時代に155キロの速球を投げ、東京新リーグで創価大の田中正義と共に注目されたのが、日本通運の生田目翼投手。今年は主にリリーフとして登板し、都市対抗でも台湾のウインターリーグでも苦い経験をしているが、来年は武田久選手がチームに加わり、大きく飛躍も期待できる。

野手では東京ガスの笹川晃平選手が注目される。浦和学院、東洋大でドラフト注目選手となったがプロ志望届を提出せず、来年はいよいよプロ入りを目指す。高校時代からたびたび見せる外野からのレーザービームと強打に注目される。

高校卒選手では永谷暢章投手に期待したい。履正社時代から187cmの身体と149キロの速球を投げ、社会人でも1年目から登板していた。田嶋の抜けたチームで、今年はかなり登板機会が増えそうだ。

パナソニックの吉川峻平投手は183cmから148キロの速球を投げ、キレも角度もある。大学時代から注目されていたが球速が上がりドラフト上位候補に。Honda鈴鹿の平尾奎太投手は188cmの左腕で145キロの角度のある球を投げ、阪神などが注目をしている。

その他の選手

日本新薬の岩本喜照投手は、今年も選手権などで登板し威力ある球を投げていた。東京ガスの臼井浩投手は168cmと小柄だが147キロを記録し、ウインターリーグではエース格のピッチングを見せた。NTT東日本の堀誠投手は立正大時代に黒木優太投手とWエース、185cmの長身投手で日本選手権では明治安田生命戦で2安打完封し成長を見せた。立正大からフェデックスに進んだ金井貴之投手は高校時代も注目された投手。大学時代は伸び悩んだものの社会人でのびのび成長し、日本選手権では社会人のレジェンド・三菱重工神戸・高砂の守安投手と投げ合い、延長11回1失点の好投を見せた。

東芝の岡野祐一郎投手もチームのエース格となり社会人チームでもエース格として投げるようになった。JX-ENEOSの鈴木健矢投手は高卒3年目、横からの角度があるキレの良い球に注目、左澤優投手も大学時代にプロが注目した左腕。三菱重工名古屋の勝野昌慶投手は社会人1年目から好投を見せている。西濃運輸の堀田晃投手も勢いのある球を投げ、ヤマハの波多野陽介投手は152キロの速球を投げる。トヨタ自動車の富山凌雅投手、諏訪洸投手も筋の良い球を投げる。

JR東海に進んだ創価大3人目の男・秋元秀明投手も186cmから146キロの速球を投げる。JR東海では今村亮投手も変わったフォームから148キロの速球を投げ注目される。Honda鈴鹿の瀧中瞭太投手は大学時代も注目されたがまさかの指名漏れ、150キロの速球は威力十分。捕手の柘植世那選手も高校時代から注目されたドラフト候補捕手。

他にも三菱重工広島の杉山一樹選手は192cm91kgから150キロの速球を投げる。素材型として高校時代から注目されたが社会人で花開いてほしい。JFE西日本の谷中文哉投手も高校時代から素質を評価されている。三菱日立パワーシステムズ横浜の甲斐翼投手も高校時代から注目された146キロの速球を見せてほしい。

また今年もドラフト候補選手だった投手では、今年の都市対抗で良い球を投げていた新日鐵住金鹿島の大貫晋一やSUBARUの高橋史典投手は来年の指名がありそうだ。同じく宇都宮健太投手も大学時代から注目された投手で三振を奪える。東京ガスの石田光宏投手は不調から立ち直れるか。東芝の善武士投手も149キロの速球を持ち、JX-ENEOSの柏原史陽投手も球威では社会人トップクラス。西濃運輸の嶽野雄貴投手も社会人投手の中で目を惹く。日本新薬の小松貴志投手や栄光貴投手、西川大地投手も実力ならトップクラス。

日本製紙石巻の宝利亮投手は186cmから150キロの速球を投げ好投も見せるがもう少し安定感が欲しい。来年がラスト勝負か。JR東日本の国松歩投手は再び投手として良い投球を見せているようで注目される。

野手ではHondaの辻野雄大捕手が強肩で注目されている。日本通運の木南了選手は代表でもウインターリーグでも好リードを見せ、投手陣に安定した投球をさせてくれる。俊足で注目したいのはJX-ENEOSの百瀬雅也選手、まだ主力とはなっていないが、50m5.8秒の足は高校時代にプロから注目された。

他にはHondaの松田進選手や新日鐵住金鹿島の谷口諒選手、NTT東日本の阿部健太郎選手と長沢壮徒選手、ヤマハの萩原英之選手、Honda鈴鹿の松本桃太郎選手、日本新薬の久保田昌也選手、パナソニックの法兼駿選手、JFE東日本の中澤彰太選手、JR東日本の佐藤拓也選手などが大学などで注目されていた選手で来年解禁となる。また、今年の候補だった日本通運の北川利生選手、トヨタ自動車の北村祥治選手、ヤマハの前野幹博選手、JX-ENEOSの谷田成吾選手などは再奮起を期待したい。

2018年度-社会人投手のドラフト候補リスト
2018年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
2018年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
2018年度-社会人外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP