社会人野球のドラフト候補、都市対抗で近本・神里級の活躍が見られるか

笠松悠哉, 笹川晃平, 諸見里匠, 鳥巣誉議, 土谷恵介, 三倉進, 原澤健人, 小深田大翔, 片山勢三, 原田拓実, 草海光貴, 綿屋樹, 糸野雄星, 石川裕也, 佐藤広之, 内海大寿, 小豆澤誠, 石黒凌, 皆川仁

社会人野手は今のところ、ドラフト会議で指名確実として名前の挙がる選手はいない。ただし、それはレベルが低いのではなく、全員があと一つのきっかけでドラフトで指名という位置にいる。

都市対抗できっかけ

2018年のドラフト会議で社会人野手で一番最初に指名されたのは、大阪ガスの近本光司選手、身長は高くないが抜群の足があり、都市対抗では打撃で爆発的な活躍を見せて橋戸賞を獲得した。大学時代も最多盗塁となったシーズンがあり俊足が注目された選手だったが、社会人1年目は、都市対抗には三菱重工神戸・高砂の補強選手で出場し2番センターで出場、5打数3安打1打点の活躍を見せたが、翌年のドラフト上位候補のように注目される選手ではなかった。

ブレークとなったのは2年目の都市対抗、近畿地区予選でも活躍を見せると、都市対抗本戦では準決勝で決勝ホームランなど21打数11安打5打点に4盗塁の活躍を見せた。これがきっかけとなり、社会人野手ではNO.1の評価を受け、ドラフト会議では阪神から1位指名を受けた。

2017年のドラフト会議では、大学時代から評価が高く、ドラフト上位候補と注目されていたトヨタ自動車の藤岡裕大選手が千葉ロッテに2位指名、同じく高校卒3年目捕手の大阪ガス・岸田行倫選手が巨人にドラフト2位指名をされたが、横浜DeNAは都市対抗で活躍を見せた日本生命の神里和毅外野手を2位で指名している。

社会人野手は多くが高校・大学時代にドラフト候補として名前が挙がった選手で、プロ入りにはあと一つが欲しいという選手が多い。そのため、あと一つの活躍が見られればドラフト会議で指名され、プロでも1年目から活躍をみせたりレギュラーとしてプレーできるレベルの高さがある。プロのスカウトもそれを逃さないように「あと一つ」を注目している。

神里選手、近本選手に続くことを期待される外野手では、元々持っている身体能力の高さがある選手が有利か。日立製作所の三倉進選手は大学まで投手として140キロ超の球を投げていたが、高校時代は30本を超えるホームランを放っており、50m6.0秒の俊足もある強肩俊足の外野手。本格的に野手としてプレーしてから浅く、急激な成長も期待される。身体能力と長打力なら日本通運の佐藤広之選手、日本製紙石巻の石黒凌選手なども注目される。

内野手も埼玉西武の源田選手、阪神の木浪選手を見ても、プロでレギュラーとしてやれる選手はいる。特に守備や足が評価され、プロでやってみると打撃も良かったという感じの選手が多いか。日本通運の諸見里匠選手、鷺宮製作所の土谷恵介選手、明治安田生命の水谷友生也選手、JX-ENEOSの小豆澤誠選手、トヨタ自動車の下石涼太選手、JR東海の竹村春樹選手、大阪ガス・小深田大翔選手は、そのような選手か。大阪ガスは岸田捕手、近本選手と2年連続でドラフト上位で指名されており、今年は内野手の小深田選手が期待される。

JFE東日本の鳥巣誉議選手は大学時代から広角に打てる打撃を評価されており、今年も変わらぬ打撃を見せている。守備と足でアピールできるかがポイントとなりそうだ。

社会人野球の野手で打撃をアピールする選手は、最近はなかなか評価が難しくなている。特にファーストを守るスラッガータイプの選手は、外国人や山川選手のような怪物と比較される事になる。やはりサードや外野を守れる所も見たいという所があるが、横浜DeNAの宮崎選手や千葉ロッテの井上選手のように、少し時間がかかってから出てくる選手もいる。パナソニックの片山勢三選手、日本通運の内海大寿選手、SUBARUの原澤健人選手、ヤマハの笠松悠哉選手はそのようなタイプか。

捕手は、かつては大学・社会人で経験を積んだ選手が、その経験をプロでと期待されての指名が多かったが、近年のプロ野球は甲斐選手や小林選手のような強肩など身体能力の高い選手、または打撃のある捕手が評価が高くなっている。大学時代に注目されたJX-ENEOSの大平達樹選手、小林遼選手、Honda鈴鹿の西川元気選手などがいるものの、抜群の肩、打撃を見せないといけない。

社会人投手では高校卒3年目がトレンドとなっているが、野手も高校から直接社会人入りしている選手が増えている感じもする。JR東日本の糸野雄星選手、セガサミーの草海光貴選手、JR西日本の原田拓実選手と佐藤直樹選手、JFE西日本の綿屋樹選手などが高卒3年目の選手で、その成長が期待される。

また昨年の指名漏れ組では東京ガス・笹川晃平選手、石川裕也選手、中山悠輝選手、JFE東日本の中澤彰太選手、トヨタ自動車・北村祥治選手、パナソニック・法兼駿選手、日立製作所の森下翔平選手、日本新薬の久保田昌也選手、日本生命の皆川仁選手なども社会人でトップクラスの野手で、スカウトもファンもあと一つの活躍を待っている。

2019年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
2019年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
2019年度-社会人外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP