2020年の期待したい選手~その1~

小又圭甫, 堀田晃, 宮田康喜, 小木田敦也, 小野大夏

2020年の期待をしたい選手を紹介して行きます。まずは社会人投手から。

2020年に期待したい社会人投手

小又圭甫:NTT東日本

小又投手は昨年にドラフト指名解禁だったが指名はされなかった。強豪NTT東日本として全国の舞台に常に出場するチームだが、昨年は大舞台での登板は無く、他の試合でもあまり登板する姿を見られなかった。それでも社会人代表合宿の練習試合で代表選手を相手にした投球は圧巻の一言、最速154キロの速球は高めに浮くが、社会人の猛者が次々と高めにバットが出て空振りを奪われた。素質だけでもドラフト下位で指名しても面白いと思うが、おそらくチーム残留を決めていたのではないかと思う。今年は登板数が増えることを期待したい。そうすれば自然と評価は上がっていくだろう。

小野大夏:Honda

小野投手は健大高崎では2,3番手の投手だったが、甲子園で投じると140キロ中盤の速球を投げ込み注目された。145キロくらいでも重そうな球でドシンとくる球質、フォームも力感のない感じから投げられるギャップがある。そして球速が150キロに到達し、どんな球になっているのか今のところ計り知れない所がある。今年は必ずチェックしたい投手だ。

小木田敦也:TDK

小木田投手は秋田・角館高校時代に147キロの速球を投げて注目された投手で、特に夏の秋田大会はそのストレートはうなりを上げ、準々決勝の能代松陽戦でノーヒットノーランを達成している。地元のTDKに進み、都市対抗に導く存在と期待されたが、3年目の昨年も、あまり名前が挙がることが無かった。その間に秋田出身の同学年、大館鳳鳴の佐藤宏樹投手が慶応大で衝撃的な投球をし、また角館で内野手として出場していた 赤上優人投手も東北公益文科大で153キロを記録し、152キロの小木田投手を上回ってきた。今年、共にドラフト候補となる。負けていられない。

堀田晃:西濃運輸

昨年のドラフトで指名漏れした選手の中で、一番惜しいと思った。高校、大学では好投手タイプとして評価され、西濃運輸でも2年目の一昨年まではそんなタイプだった。しかし2018年のドラフトで指名漏れとなり、昨年は指名を目指して大きくスタイルが変わった。球速は150キロを記録し、その球威は素晴らしかった。それでもドラフト会議で指名されなかった。大きな悔しさに、どうすれば指名されるのかという混乱もあるかもしれない。しかし、社会人投手は、昨年の瀧中瞭太投手(東北楽天ドラフト6位)や2018年の大貫晋一投手(DeNAドラフト3位)のように、最も良かった次の年に指名される事も少なくない。今年は切れずに昨年のピッチングを続ければ、ドラフト会議で名前が呼ばれるだろう。

宮田康喜:日本製鉄広畑

181cm83kgの体があり最速は149キロを記録する本格派。角度のある球と球威を見せ、昨年は春先から多くの球団が視察に訪れており、ドラフト前にも指名候補として名前が挙がっていた。力は十分あると思う。高校卒から6年目を迎え、大学経由で社会人入りしてきた投手が指名解禁となる年代と同学年、また、出身の姫路南からは照峰賢也投手という大型左腕も入ってくる。昨年は都市対抗で3番手で登板し2回1/3のみの投球だったが、今年は大舞台で先発として投げ、150キロを記録したい。

2020年度-社会人投手のドラフト候補リスト

https://www.draft-kaigi.jp/draftnews/2019draftnews/49242/

PAGE TOP