Honda鈴鹿・八木玲於投手に中日スカウト「150キロを簡単に出す」

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

Honda鈴鹿の154キロ右腕・八木玲於投手に中日スカウトが「150キロを簡単に出す」と注目している。

スポンサーリンク

自信をつけて

八木玲於投手は天理大時代に152キロの速球を武器にリーグ通算16勝を挙げた。ドラフト候補として注目された。しかし、自信がなく、出しても指名されないと思った」とプロ志望届を提出せずにHonda鈴鹿へ進んだ。

そして1年目の昨年、都市対抗東海地区2次予選のヤマハ戦で、1点差の場面で登板すると、初球にいきなり自己最速となる154キロを記録、続く152キロの球で抑えた。予選では3試合に登板して無失点に抑え、チームの本戦出場に貢献した。八木投手は「自分はメンタルが弱くて。でも、大事な場面で使ってもらい、自信になった」と話す。

しかし、都市対抗本戦でも154キロを記録したものの制球が乱れ、初戦の日本生命戦では1/3を投げて1安打1奪三振、2回戦のNTT西日本戦では2回1/3を投げて3安打2失点と乱調だった。「迷惑をかけてしまったので、今年は全国で勝てる投手になりたい」と、今年は全国の舞台でも自信をつけたい。

八木投手に中日の清水スカウトは「長いイニングに対応できるか、今後見ていかないといけないけど、150キロを簡単に出すし腕も振れる」と評価する。八木投手も自信をつけてプロ入りを望み、「球速はアマでは上の方だと思うので、もう少し上げて157、8キロを目標にしたい」とさらに球速アップを目指す。

プロでもリリーフとして速球で押せる投手だと思う。ストレートの強さが十分にあり、合間に投げる変化球でバッターがタイミングを外される。自信を持って豪速球を投げ込むことができれば、ドラフト2位前後で指名される投手になりそうだ。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

中日・清水スカウトは「長いイニングに対応できるか、今後見ていかないといけないけど、150キロを簡単に出すし、腕も振れる」と能力を認める。「球速はアマでは上の方だと思うので、もう少し上げて157、8キロを目標にしたい」と八木。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント