プロスカウトも視察に訪れる社会人野球屈指の俊足、JPアセット証券の大内信之介投手が盗塁記録

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

明治大とオープン戦を行ったJPアセット証券は、主将になった大内信之介選手が、社会人NO,1と評価される俊足を見せた。

スポンサーリンク

走る証券マンは営業もトップクラス

大内信之介選手は上武大出身の内野手で、昨年の都市対抗でもセガサミーの補強選手として出場し、サードへのバントヒットなどを決めて自慢の足を披露していた。

今年はチームの主将となったが、「ことしは盗塁数にこだわりたい。個人では毎試合盗塁、チームで1試合3個以上」と目標を掲げる。この日の明治大との試合でも1安打1盗塁を記録している。

足という武器を持つ大内選手には、プロのスカウトも注目する。昨年都市対抗野球ではセカンドを守り、その守備の良さも見せていた。今年に入りスカウトの視察が増え「人生が変わりました」と話す。

選手全員が証券マンで、大内選手は営業活動もトップクラスだという。営業でも足を使い、野球でも足を使うが、来年はプロの舞台で成績を残したい。

2021年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

 50メートル5秒8の俊足で、今春はNPBスカウトも視察するなどプロ注目の存在。「人生が変わりました」。選手全員が証券マンという中で、営業成績もチームトップクラスという大内がグラウンド内外で走り回る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント