社会人野球日本選手権(2017)3日目の対戦カードと注目選手

社会人野球日本選手権が今日から開幕、3日目の対戦カードと注目選手です。

第1試合

JX-ENEOS
藤本海斗1年
180cm77kg 右右
  長身から投げ下ろす本格派右腕。 球種は急速のあるストレートを武器に スライダー、カーブ、チェンジアップを 巧みに使い分ける B+
鈴木健矢2年
176cm64kg 右左
  すべての球が横から投げられ変化する。 選抜では初戦岡山理大付属戦8回から無失点の好投した 春のセンバツで背番号1。木更津総合右のエース。 県大会では背番号13。千葉県一次予選まではオーバースロ B+
左澤優1年
175cm71kg 左左
  常時130km/h台中盤のキレのあるストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ、シュートと多彩な変化球を交えテンポよく投じる小柄な左腕 横浜隼人高校3年春に神奈川県大会優勝。横浜商科大学では B+
百瀬雅也2年
168cm69kg 右左
  50m5.8秒の足があり、2年秋には公式戦12試合で14盗塁を記録したスピードスター。1番打者として出塁し、相手投手を足でかき乱す。 B+
須藤隆成1年
182cm92kg 右左
  強肩の大型捕手として安定感がある 強打も見せる B
石川良平4年
173cm78kg 右右
  國學院大学では4番で主将を務めた小柄な捕手、4年時には大学日本代表を経験した。 捕手としては安定したキャッチングとセカンドスロー2秒前後で正確なスローイングが持ち味。 B+
内田聖人2年
178cm78kg 右右
  140kmの伸びのあるストレートを投げ、真っ向勝負をする強気の投手。制球に課題があり四死球が多い。そこで粘りの投球ができないと苦しくなる。  ただし、ストレートで空振りを奪える力は今後の成長が期待で B+
江口昌太5年
182cm80kg 右右
  きれいなフォームから145キロを超えるストレートが魅力、低めへのコントロールが課題、将来性抜群の選手 B+
岡部通織3年
179cm82kg 左左
  中学時代に中学日本代表に選ばれた強打者! 帝京高校ではケガで伸び悩んだが3年時には4番打者として活躍! 立教大学ではケガも完治し成長! B+
柏原史陽2年
174cm73kg 右右
  桐光学園時代に投手に転向し3年夏に神奈川大会準優勝! 最速149キロの勢いのある速球が持ち味で、大学でも1,2年からエースとして活躍した。 4年生で披露などもあってか失速してしまったが、力のある投 B+
齋藤俊介2年
176cm82kg 右右
DeNA4位
  ワインドアップから140km/h台後半を計測するストレート、キレのあるスライダー、カーブ等を投じる。 成田高校から立教大学に進むと1年秋の新人戦で最速147km/hを計測、2年春には東京六大学で B+
竹内惇3年
182cm82kg 右左
  早慶戦でも複数のホームランを打った、ホームランも打てる内野手 B+
西島隆成2年
178cm78kg 左左
  140kmのキレの良いストレートでバッターを詰まらせる左腕投手。2年生の秋にノーヒットノーランを達成した。 北海道小樽市出身で小樽望洋台小学校の3~6年生の時はアルペンスキーの天狗山レーシングに B+
船本一樹4年
186cm82kg 右右
  桐蔭学園時代にオーバースローからサイドスローに変えて頭角を現したピッチャー B+
谷田成吾2年
183cm86kg 右左
  左の長距離砲で、特に逆方向の打球がぐんぐん伸びスタンドインする。インコースを強く振りぬいたときの打球は先輩の高橋由伸選手のフォームに似ている。 守備では外野でゴロを後逸するなど、ややスカウトをがっか B+
松本大希4年
177cm79kg 左左
  主に外野手として出場し、打撃を生かして一塁手としてもプレーする。 大学3年までは代打などで出場していたが、4年生春の後半に打撃センスが開花すると、秋には打率.373を記録してリーグ2位となった。 B
山崎錬5年
176cm80kg 右左
  懐が深くインコースを打つのがうまい選手で、足をあげてタイミングを取るが変化球にも対応できる。  高校時、大学時とチャンスに強く、持っている選手といっても良い。 B
若林晃弘2年
180cm81kg 右両
巨人6位
  大学3年秋から頭角を現し、4年春は打率.390を記録。スイッチヒッターで打撃センスが光り、変化球にも柔軟に対応し外野に運べる。 B
青野悟2年
181cm80kg 右右
  広島国泰寺出身の大型サード、東京六大学では4年間でわずか23試合、ヒットも通算9本だが、4年秋の慶大戦でマルチヒット記録。 B-
猪又弘樹2年
177cm83kg 右右
  左打ちの捕手で逆方向にもヒットを打つ巧みさがある。 青学大では主将で捕手を経験した。 B-
塩見泰隆2年
179cm74kg 右右
ヤクルト4位
  走攻守揃っている選手 B-
日本生命
高橋拓巳1年
175cm73kg 左左
  昨年は苦いマウンドとなったものの甲子園を経験、秋から成長を遂げ左から145kmを記録するまでになった。 B+
山根大幸1年
184cm80kg 右左
  186cmの長身から力のある球を投げる右腕。大学3年時、道都大を6安打完封し、実践で結果を出し始めた。 花巻東時代は大谷翔平投手の控えだった。 B+
木村貴大1年
185cm87kg 左左
  長身からストレートとカーブを織り交ぜる好投手タイプ。 B
本田洋平1年
182cm73kg 右右
  しなやかな腕のふりからキレが良く威力がある球を投げる能力が高いピッチャー B
皆川仁1年
178cm78kg 右左
  立正大の快進撃を引っ張る打の柱 5月3日現在打率5割、HR2本、打点11と2部でも頭一つ抜けた成績 守備走塁は不明だが盗塁を4つ記録、ずっとライトのスタメンを張り続けるなど悪くはないと思われる B
上西主起4年
185cm85kg 右右
  恵まれた体格から抜群の長打力と強肩を誇る野性味あふれる大型外野手、中部学院大学時代は1学年下の野間峻祥(現・広島)と共に強肩右中間コンビを形成した 中部学院大学4年秋に岐阜学生リーグで MVP・ A
清水翔太4年
177cm78kg 左左
  中京大4年秋に1部昇格を果たすと、愛知大戦で2試合連続完封勝利、2試合目は7回までパーフェクトで1安打無四球完封勝利だった。  日本生命に進むと、1年目春の四国大会で7回コールドながら完封デビュ A
阿部翔太3年
178cm78kg 右左
  酒田南高校では捕手でプレーしていた。成美大に進学すると投手として、2年秋の仏教大戦で1安打8奪三振で完封勝利した。 その後、右肘を故障し4年春から再び投球をするようになった。  中日などプ B+
伊藤悠人3年
175cm75kg 左左
  宇治山田商業出身、大学では4年春にベストナインに選ばれた。 またその年に大学日本代表合宿メンバー入りした。 B+
太田翼2年
176cm74kg 左左
  龍谷大平安高校出身で、高校時代は粘りの投球が持ち味で、3年夏の京都大会決勝でも立命館宇治戦で6回1/3で8安打を許すも2失点に押さえ勝利に貢献した。  甲子園では初戦で新湊と対戦、7回1/3を B+
神里和毅2年
178cm78kg 右左
DeNA2位
  糸満高校では夏の沖縄大会で打率.526の活躍で優勝に貢献した走攻守三拍子揃った身体能力が高い選手。 広角に打てるバッティングと足が速く守備範囲が広さはプロのスカウトも高い評価をしている。 B+
古川昌平4年
176cm77kg 右左
  愛知学院大出身。日本生命では入社後に右肩を脱臼する大けがで捕手としてのプレーが危ぶまれたが、2年目秋の日本選手権では5試合すべてでタイムリーヒットを記録しMVPに選ばれた。 阪神スカウトも「十分 B+
本藤光貴2年
188cm95kg 右右
  高校通算39本塁打のスラッガーで投げては最速143キロの本格派右腕 B+
宮川祐輝2年
180cm70kg 右右
  50m5.7秒の俊足に長打力もあり、野手としても期待されている。  非常にきれいなフォームからキレの良い142kmのストレートとスライダーを投げる投手だったが肩をケガし外野手へ転向した。 B+
山形晃平4年
176cm77kg 右左
  1年生で150kmを記録し、リリーフで速球で押すピッチングを見せる。 福谷、竹内が抜けた後のエース候補として先発でも投げそうだ。 B+

 

第2試合

日本通運
生田目翼1年
174cm74kg 右右
  高校時代は体にバネのある身体能力の高い遊撃手としてプレーし、また登板しても140km/h近いストレートを投げていた。 大学では制球力も良くなり投手として素質を見せ始めている。2年生春には創価大を A
北田悠馬2年
171cm75kg 右右
  力強い腕のふりから威力があり重い球を投げる力があるピッチャー 大阪府出身、富田林市立金剛中学校(オール羽曳野ボーイズ)に所属。 B+
出口心海1年
183cm80kg 左左
  140kmのストレートに5種類の変化球を投げる本格派左腕。高校時代からプロも注目している。 神奈川県横浜市出身で小学校2年生から野球を始めると下瀬谷中学校では横浜瀬谷ボーイズでプレーした。 B+
伊藤諄1年
187cm94kg 右右
  下級生時代から4番を打つ巨漢スラッガー、ポジションは一塁手。 東海大四高校出身。大学3年時の全国大学選手権では、立命館大学/桜井俊貴(現・巨人)の内角ストレートをレフトスタンドへ叩き込む豪快な B
高橋俊1年
175cm67kg 右左
  流経柏時代は3番を打ち、投手としても完封勝利を挙げていた。 大学では3年春に打率.368に10盗塁を記録し、大学野球選手権でも1番バッターとして出場、14打数2安打だったが2盗塁を記録し、準優勝 B
和田悠佑1年
176cm70kg 右右
  アンダースローから正確なコントロールが武器の投手。 父は元西鉄の和田博実氏 B
大谷昇吾3年
175cm68kg 右左
  2007年に千葉ロッテ育成枠5位で指名された大谷龍次外野手(日立製作所厚木の軟式出身)の弟、小学校1年から野球を始める。  俊足強打の選手として2年生で樟南の1番遊撃手を務め甲子園に出場したもの B+
北川利生2年
177cm80kg 右右
  大阪府、盾津中学校出身。大阪桐蔭では藤浪晋太郎投手の1つ上で外野手のレギュラーとして活躍した。  大学では2年春に打率.400、14打点で2冠王に輝く。 A
川端大翔3年
191cm100kg 右右
  立教大学進学後に肩の強さを見込まれ投手に転向した、沼田高校時代は一塁手としてプレーし高校通算40本塁打を放った。 191cmの長身からスリークウォーター気味に放たれる速球は最速149km/hを計 B+
木南了3年
180cm85kg 右右
  セカンドスロー1.9~2.0秒台でコントロール良く盗塁を許さない オープンスタンスで重心を低くとった打撃はボールをぎりぎりまで呼び込み打ち損じ少なく4年春はリーグ4位の高打率を残した B+
手銭竜汰3年
172cm70kg 右両
  50m5.7秒の俊足を生かした走塁と、大学1年秋に2本塁打、2年春にスリーベース4本と鋭い打球を飛ばすパワーがある。  守備でも足を活かした守備範囲の広さに球際にも強くファインプレーをたびたび B+
阿部良亮3年
181cm80kg 右左
  浦和学院でも東洋大でも控え投手だったが、140キロのストレートとツーシームを使い、安定感あるピッチングを見せる。 日本通運では3年目の都市対抗で、パナソニックを相手にノーヒットノーランを達成した B
藤嶋宏俊3年
180cm90kg 右左
  神港学園、関西大で主軸としてプレー、日本通運でも主軸を期待された。 社会人3年目春の九州大会では、大会9本のヒットでMVPを獲得した。 B
森松裕次郎2年
179cm75kg 右右
  九州産業大学から加入した堅守が持ち味の遊撃手、長打力のある打撃も魅力 1年目のスポニチ大会/ジェイプロジェクト戦でレフトスタンドへ本塁打を放つなど、入社直後から活躍を見せている B
渡辺圭4年
171cm69kg 左左
  ストレートは130km中盤だがテンポよく、また100kmのスローカーブを投げてバッターのタイミングを外すなど多彩な変化球を投げる。  東海大時代は17勝1敗、防御率1.40という圧倒的な成績を残し、 B
飛ヶ谷和貴4年
176cm75kg 右左
  華麗な守備をほこる遊撃手 B-
沖縄電力
内間敦也2年
173cm80kg 右右
  どっしりしていて体に力があり重い球で押し込める. B+
島袋倫3年
173cm80kg 左左
  緩いカーブが武器の技巧派左腕! ストレートの重さも魅力 B+
川満昴弥2年
175cm70kg 右右
  興南高校時代は2年時に2番手投手で春夏連覇! 体にバネがあり身体能力が高い投手 B
平良成1年
173cm78kg 右右
  琉球大学の投手、リーグ戦で先発をしている。 情報をお願いいたします。 B

 

第3試合

JR北海道
野澤勇吾1年
184cm78kg 左左
  横の角度がある球を投げるサウスポー!タテの変化球のキレが良い!  亜大では1年生でベンチ入りすると、183cmの長身と長い腕の左腕として、専修大戦ではリリーフとして2イニングに登板し3奪三振でパ B+
齊藤秀之3年
179cm83kg 右右
  北海学園札幌出身、2年生まで出場が無かったが、3年春に8番など下位打線を打ち、明大戦では4打数3安打、同点に追いつく殊勲打を放った。 江別市立大麻東中学校時代は、江別リトルシニアに所属。 B+
西嶋亮太3年
170cm58kg 右右
  東海大四のエース スライダーが武器で北海道屈指の好投手 B+
吉田将太2年
186cm82kg 右右
  186㎝の大型右腕だが、投球スタイルは130㎞中盤のストレートを内角外角にコントロールして投げ分けるタイプ。  コントロールの良さは折り紙つきで、昨秋は27回を投げて四球は1つ、旭川実戦でもコーナー B+
中浦大海2年
175cm73kg 右左
  下位打線を打つが打撃は良い。 C
増川航太2年
181cm78kg 右右
  アスリート系いいバッター C
日立製作所
阿部陽登1年
180cm70kg 右右
  140キロ台中盤の超伸びのあるストレートの魔球❗カーブ、スライダー、チェンジアップ、カットボール、フォークに加えなんと言っても制球力が抜群。 B+
濱元航輝1年
181cm78kg 左左
  ライナー性の長打を連発する俊足強打強肩のリードオフマン、逆方向への長打が多くベースランニングが速い。 神奈川大学2年春に1番ライトで全試合に出場 9季ぶりの優勝に貢献、全国大学野球選手権でも西 B+
森下翔平1年
180cm83kg 右右
  逆方向への打球が伸びる東海大学の4番打者、ポジションは 三塁手or一塁手 東海大学2年時に6番三塁手として大学選手権優勝に貢献、3年春は首都大学リーグで打率.409を残し首位打者を獲得した B
鈴木康平2年
185cm73kg 右右
オリックス2位
  185cmの長身投手で球速は146kmをマーク、2010年秋季大会で千葉経大付を相手に3安打14奪三振完封という素晴らしい活躍をみせるなど、注目選手の一人。  秋季大会で調子を崩して以降、実績は A
小荒田大樹4年
181cm81kg 左左
  キレが良い球を投げるサウスポー 社会人でも急激に力を付けている。 B+
菅野剛士2年
171cm75kg 右左
千葉ロッテ4位
  小柄だが150km/h級の速球に対しても決して力負けをしない強烈なスイングを持つ、明治大学では東京六大学新記録となる28本の二塁打を放った。 東海大相模では3年春に甲子園優勝。明治大学では1年春 B+
高田脩平2年
180cm73kg 右右
  3年生で4番となりホームランを量産、通算37本塁打。 大型二塁手として高い評価を受けている。 B+
田中俊太2年
177cm75kg 右左
巨人5位
  フットワークの良いセカンド守備と広角に打球を飛ばす巧打が光る左打者、広島東洋カープの田中広輔は兄 東海大相模高校では2年夏に甲子園準優勝、3年春は甲子園優勝。 東海大学では2年秋から正二塁 B+
長嶺修平3年
178cm70kg 右右
  走攻守三拍子揃ったセンス抜群の遊撃手 宮崎市立檍中学校時代は、軟式野球部に所属。 B+
芳賀智哉2年
176cm76kg 右右
  144km/hのストレートに多彩な変化球を投げる。特に粘り強さに定評があり、130球程度を投げて完投することも多く、試合後半になっても球が高めに浮かないスタミナがある。  大学に入り球に力強さが出 B+

PAGE TOP