名古屋大・七原優介投手は1回2失点、中日と交流戦

是枝健太, 七原優介.北出浩喜, 大蔵彰人

 愛知大学リーグ選抜と中日2軍との交流戦が、ナゴヤ球場で行われた。プロ注目の七原優介投手は8回に登板すると1回を3安打2失点と結果を残せなかった。

昨年のこの試合で

 名古屋大の七原優介投手は愛知大学リーグ2部ながら150km/hの速球を投げていたが、注目されたのは昨年の愛知大学リーグ選抜vs中日の交流戦だった。七原投手は最速149km/hを記録し1回を1安打無失点に抑え、名前が一気に広まっていった。

 あれから1年、プロ球団がドラフト上位名前を挙げるようになった七原投手は、この日は8回に登板するとストレートは147km/hを記録したようだが、3安打で2失点と調子は良くなかった。

 これで評価が変わるという事はないだろうが、社会人のトヨタ自動車入りを口にしている事から、社会人で実績を積んでという事になりそうだ。

 

その他の選手は

 愛知大学リーグは中日の投手陣に完封された。投手は是枝健太投手が先発し2回を何とか無失点に抑えたが、149km/h右腕の北出浩喜投手が先制点を許す。大蔵彰人投手が2回をノーヒットに抑える好投を見せたが、七原投手が2失点し0-5で愛知大学リーグ選抜が敗れた。

 素質の高い選手が眠るリーグだけに、明日7日に行われる巨人との交流戦も注目される。


PAGE TOP