プロ注目・横浜商大の藤村哲之投手は5回6K、中日スカウト「いいボールを投げている」

横浜商大, 藤村哲之

早稲田大と対戦した横浜商大は、プロ注目左腕・藤村哲之投手が先発し、スタートは良くなかったものの徐々に調子を取り戻し、5回5安打2失点、6つの三振を奪う投球を見せた。

プロ注目左腕

藤村哲之投手はこの日、初回に先頭打者から連打を浴び、2アウトから失点を許した。2回にも先頭打者に二塁打を許し、さらに1点を追加された。しかし3回からはテンポある投球を見せ、5回までの3イニングは1安打無失点に抑え、三振は毎回の6つを奪った。5回5安打6奪三振2失点という内容だった。

「立ち上がりは思うようにいかず、テンポを悪くしてしまいました。」と序盤は調子が上がらなかったが、「4、5回ぐらいからインコースに強いボールが投げられるようになった。徐々に自分の投球ができたと思います。崩れなかったことはよかった」と話した。

得意の右バッターへのインコースのストレートがバロメーターで、この日も3回からこの球が決まればスライダーが効いてくる。コンビネーションで早稲田大打線を抑えた。

この日は阪神、横浜DeNA、東京ヤクルト、中日など5球団のスカウトが視察し、中日の小山スカウトも「3回ぐらいから本来の投球ができたと思います。力強いと思う。いいボールを投げている」と評価した。

今年は慶応大・佐藤宏樹投手、早稲田大・早川隆久投手、東北福祉大・山野太一投手といった左腕投手がそろい、プロも注目している。その中に藤村投手が入っているとみられ、リーグ戦で結果を残せれば、4位前後で指名されるのではないかと思う。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

回を追うごとに直球の威力が増してきた。「四、五回ぐらいからインコースに強いボールが投げられるようになった」と手応え。スライダーなど変化球とのコンビネーションも生かし、尻上がりに調子を上げていった。

視察した中日小山スカウトは「3回ぐらいから本来の投球ができたと思います」と評価した。


PAGE TOP