早稲田大の2m左腕・今西拓弥投手が145キロ、5球団視察しヤクルトスカウト「まだまだ伸びしろある」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

早稲田大が横浜商大とオープン戦を行い、注目の身長2m左腕・今西拓弥投手が2回を投げノーヒット2奪三振で無失点に抑えた。この試合には阪神、横浜DeNA、東京ヤクルトなど5球団のスカウトが視察した。

2m左腕

今西拓弥投手は広陵高校出身の身長200cmの左腕投手。早稲田大では大学2年秋に3勝を挙げる活躍を見せ、素材の高さと共に実戦的なピッチングも注目されていた。

今年のオープン戦はあまり登板情報が聞かれていなかったが、この日の横浜商大戦で7回から3番手で登板すると、全てストレートを投げて三者凡退に抑えた。8回には1アウトから死球でランナーを許したが、ノーヒット無失点に抑え、2回0安打2奪三振無失点、最速は145キロを記録した。

球速については「そんなに出ていましたか。」と最速147キロに届かなくても手ごたえを感じた。それよりも「制球、キレを求めたい。練習では頭が突っ込んでいたのでマウンドで修正できてよかったです」と話した。

5球団が視察

この日は横浜商大の左腕・藤村哲之投手の登板予定とあり、阪神、横浜DeNA、東京ヤクルトなど5球団のスカウトが視察した。

東京ヤクルト・山本スカウト:「これからまだまだ伸びしろがある。楽しみ」

横浜DeNA:八馬スカウト:「あの大きさは、なかなかいない。夢がある投手ですね」

それぞれ今西投手のポテンシャルを評価した。

既にリーグ戦6勝を挙げている投手だが、昨年秋までは自分に甘い所があり、同学年で主将の早川隆久投手から、「年始ぐらいに、ちゃんとやってくれ、と言われて」と指摘され、そこから生活態度を見つめなおしたという。

プロ入りについては「小さいころからの夢でもあるので挑戦していきたい」と話すが、今春のリーグ戦の結果を見てプロ志望届を出すか判断するという。自信をもってプロ志望ができるような成績を是非残してほしい。

2020年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

許した走者は八回1死から与えた死球の1人のみに封じた。自己最速にあと2キロまで迫る145キロも計測。「自分の中ではそんなに出ていたのかというのはあった」と力んでしまう悪癖を修正した効果に驚きつつ、確かな手応えをつかんだ。
バックネット裏のスカウト陣も今西の投球を食い入るように見つめた。ヤクルト・山本スカウトは「これからまだまだ伸びしろがある。楽しみ」と評価。東京六大学リーグ通算6勝と実績は乏しい中で“未完の大器”として注目を浴びる。

最速は145キロを記録し「そんなに出てましたか。スピードより、制球、キレを求めたい。練習では頭が突っ込んでいたので、マウンドで修正できて良かったです」と話した。振りかぶると、打者が見上げるような高さになる。視察したDeNA八馬スカウトは「あの大きさは、なかなかいない。夢がある投手ですね」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント