153キロ右腕、東北公益文科大・赤上優人投手にロッテ、広島、ソフトバンクなど評価

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

東北公益文科大の153キロ右腕・赤上優人投手に、プロのスカウトも高く評価をしていることが分かった。

大学で本格的に投手に転向し成長

赤上優人選手は角館高校時代はショートを守っていた。チームには当時149キロを記録していた小木田敦也投手(TDK)がおり、赤上選手は打撃と強い肩が注目される選手だった。

しかし、東北公益文科大に進むと、横田監督は「肩は強かったんですけど、遊撃手としてのスピード感、足の速さを持っていなかった。同級生にも力のある選手がいたので、一度相談して、1日限りのセレクションをやろうとなった」と話し、ショートから投手への転向を打診し、その時に144キロを記録し、「これぐらい投げられたら自然と伸びてくる」と自ら投手転向を決めた。

そして投手として本格的に取り組むと、2年生の夏には150キロを記録した。「まさか150キロを超えてくるとは」と本人も想定以上の急成長だった。ただし投手としての経験は少なく、四球を怖がり、真っすぐを置きに行って打たれるなど、「メンタル面は下級生の頃はダメだった。経験がないので自信もなかった」と話す。

しかし、昨年春のオープン戦で社会人を相手に堂々のピッチングを見せると、春のリーグ戦でも結果を残す。そして秋のリーグ戦では4勝1敗、防御率1.11で最多勝を記録、チームに10季ぶりの優勝をもたらし、MVPに輝いた。横田監督も「今は成長して能力とメンタルが一致してきている。去年からプロへの意識が高まってきた。どんどん気持ち的に自信もついてきた」と精神的な成長についても話した。

プロのスカウトも注目

最速は153キロを記録し、今年のドラフト候補としてプロのスカウトも注目する。3月15日に埼玉の独協大とのオープン戦には巨人、埼玉西武、千葉ロッテなど5球団20人のスカウトが視察する前で、5回5奪三振1失点、最速は150キロを記録した。千葉ロッテの柳沼スカウトは「去年は力任せに投げていたところがあったけど、今年は力感なくスピンの効いたいい球を投げていた」と評価し、「制球面やクイックなどの課題が良くなってくれば楽しみな存在。上のレベルの打者とやってどれだけやれるか」と、全国の強打者との対戦を見たいと話していた。

また、他球団のスカウトも今年の成長を期待している。

○広島・近藤スカウト:「体は大きくないけど、躍動感のあるフォーム。キレのいい直球を投げる。腕もぶれないし、これからまだまだ伸びる。高いレベルの実戦経験を積めばさらに良くなる。全国大会など、上とやった時の投球を見てみたい」

○福岡ソフトバンク・作山スカウト:「サイズ感はないけど、リリースのインパクトが強い。球に力強さがあるし、球に力を伝えるセンスがある。150キロ近い球を投げるけど、打者から見て思った以上に球がくる感じ。一つ一つの球の精度がどのくらい上がっているか。これ、という武器が確立されれば評価も上がる」

また、パリーグのスカウトは2月にブルペンでの投球を視察し、「強い球を投げているし、直球だけじゃなくいい軌道でキュッとくる変化球もいいものを持っている。体も強そう。投手経験が少ない分、怖さ知らずでいく場合もある。確実に力をつけてきている投手」と評価した。

東北公益文科大は昨年のドラフト会議でも、149キロ左腕の石森大誠投手が注目され、大学初のプロ野球選手誕生かと期待された。石森投手は指名されなかったが、そのエースの姿を見てきた赤上投手が、大学初のプロ入りをするのは確実だと思う。昨年春のJR東日本とのオープン戦を見たが、まだ春で打者が仕上がっていなかったとはいえ、社会人屈指の強打者を力で抑え込んでいた。

制球力も高く、ストレート、変化球も質も非常に高い。大学野球選手権に出場し、東京六大学や東都のチームを相手に抑え込めば、ドラフト2位までに指名される可能性もある。

新型コロナウイルスの影響が早く無くなり、赤上投手の速い球を早く見たい。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-南東北大学リーグのドラフト候補リスト

春のオープン戦最終登板となった3月15日の独協大戦では、巨人、西武など5球団20人以上のスカウトが集結する中、最速150キロをマークし、5回5奪三振、1失点の好投。大学日本代表候補の並木秀尊(4年)も抑え込むなど、順調な仕上がりを見せていた。自慢の速球を最大限に生かすため、縦に大きく割れるカーブやチェンジアップなど緩急を使った投球を意識するようになった。その他の持ち球ではスライダー、ツーシーム、カットボールに加え、今冬にフォークも習得。投球の幅が広がった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント