準硬式の星が硬式に転部、国士舘大の146キロ右腕・小田川来夢投手

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

昨年春の準硬式リーグ戦で日本一に貢献した146キロ右腕・小田川来夢選手が、硬式野球部に転部をした。

スポンサーリンク

146キロ右腕

専大松戸では内野手でプレーをしていた小田川来夢選手、国士舘大に進むと準硬式野球部に入部をしたが、投手の頭数が足りずに投手に転向をする。

そして3年生となった2019年、最速146キロの速球を武器に、春の東都準硬式リーグで4勝を挙げると、関東選抜に選ばれた4試合すべてに登板し日本一に貢献した。

今年は最後の野球も充実したものになるはずだったが、新型コロナウイルスの影響で春の準硬式の試合が無くなっていた。準硬式の4年生は春で引退するのが恒例となっているが、小田川投手は「まだ野球を続けたい」と、硬式野球部の辻監督にお願いし転部をした。

辻監督も「楽しみですよ。準硬式では有名な投手なんです。硬式でやりたいというので、学内で転部手続きをしました」と話し期待をする。170cmと小柄だが楽しみな投手、秋のリーグ戦の投球が、さらに野球の道を広げる事もあるかもしれない。注目したい。

国士舘大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

3年春の東都大学準硬式リーグでは4勝をマーク。関東大学選抜チームでは4試合すべてに登板して日本一にも貢献した右腕。MAX146キロと球速もあり硬式でも戦力の期待がかかる。高校時代は内野手。大学では投手の数が足りず転向。一気に素質が開花した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント