福岡教育大、4年生でプロ目指す有田光輝選手と大鶴悠斗選手がホームラン

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

福岡教育大は、4年生の秋だが、独立リーグなどで野球継続を希望する有田光輝選手と大鶴悠斗選手がホームランを放った。

スポンサーリンク

教育実習

大学4年生はほとんどが春に引退し、就職活動などを行う。しかしその中で大鶴悠斗選手と有田光輝選手は、卒業後に独立リーグなどで野球を継続することを目指し、試合に出場している。

主戦となる3年生は、教育実習のために新型コロナの感染を避けるため、チームから離れているという。そのため、春まで主将を務めた大鶴選手と、副主将を努めた有田選手がチームを引っ張る。

この日の九州工業大戦では、1回に4番捕手の有田選手が先制の3ランホームランを放つと、2回には1番二塁手の大鶴選手がソロホームランを放ち、7回コールド8-0で勝利した。

大鶴選手は「独立リーグで続けたい」とプロ志望届を提出する予定で、有田選手も教員を目指しながら、社会人野球や独立リーグでのプレーの道を模索しているという。

この日のホームランがリーグ初ホームランだったという有田選手、そして大鶴選手が、野球をさらに進んでいく。

福岡教育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-福岡六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
福教大2発!!初勝利 プロ目指して頑張る4年生けん引 西日本スポーツ紙面 2021/9/19

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント