149キロ右腕、関西大の定本拓真投手が始動、155キロでプロ入り目指す

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

関西大の149キロ右腕・定本拓真投手が、1月6日に同大学のグラウンドで初練習を行い、プロ入りの目標についても話した。

スポンサーリンク

大卒がベスト

定本拓真投手は三重高校出身で、最速149キロの速球を投げる関西学生リーグ屈指の右腕投手。昨年秋は6試合23回2/3を投げて自責点6、最優秀投手に選ばれた。

それでも、「タイトルはうれしいが、最優秀選手、ベストナインの3冠を目指していた。エースと言えるほどの成績はまだまだ残せていない」と、防御率がリーグ3位だった事に悔しさを見せる。

筋トレを趣味と話す定本選手、今年の目標として「155キロは出したい。MVP、ベストナインと合わせて3タイトル全て獲る」と話し、「全国制覇が目標。その中で自分が引っ張っていきたい」と意気込みを話した。

将来については、「大学卒業後は、上のレベルで野球がしたい。将来的にはプロ。大卒で行けるのが一番」と話す。しかし、「そんなに甘くはないと思う。」と、自分の立ち位置をしっかりと確認し、一歩一歩、足をつけて目標に進んでいく決意を示した。

体全体で力のある球を投げる定本投手、目標に向かいどのように変化をしていくのか注目したい。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【大学野球】プロ注目右腕の関大・定本拓真が始動「卒業後は上のレベルで野球を」
 昨秋の関西学生野球リーグ王者・関大が6日、大阪・吹田市内の同大学グラウンドで始動。プロ注目右腕の定本拓真(3年)は「全国制覇が目標。その中で自分が(投手陣を)引っ張っていきたい」と新年の誓いを立てた

目標であるプロ入りのための1年が始まった。「大学卒業後は、上のレベルで野球がしたい。将来的にはプロ。大卒で行けるのが一番」。今冬は「趣味」という筋トレを中心にフィジカルの強化に取り組む予定で、最速155キロを目指している。

関大が始動 虎党ドラフト候補の定本「ベストは大卒プロ」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト候補で最速149キロを誇る関大の定本拓真(3年=三重)が6日、大阪府吹田市の同校グラウンドで2022年の初練習。「ベストは大卒でプロだが、そんなに甘くはないと思う。背中で引っ張っていける投手になりたい」と表情を引き締めた。

 18年春の選抜準決勝ではあと一歩のところまで優勝した大阪桐蔭を追い詰めた右腕。リーグ優勝を果たした昨秋は主戦として最優秀投手に輝いたが、関西選手権でまさかの敗退を喫し神宮行きを逃した。チームとしての目標である全国制覇に向けて、昨年以上に絶対的エースとしての役割が期待される今年は「(最速)155キロは出したい。MVP、ベストナインと合わせて3タイトル全て獲る」と並々ならぬ決意をのぞかせる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント