日大国際関係学部の152キロ右腕・杉田健投手に4球団視察、中日はスカウト部長も視察

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

日大国際関係学部でプロ志望届を提出している杉田健投手が登板し、4球団のスカウトが視察した。中日は松永スカウト部長が姿を見せた。

スポンサーリンク

「今後の成長もイメージできる」

東海地区大学野球の静岡リーグ戦・静岡産業大戦で、5回から登板した杉田健投手は、3回をパーフェクト、5の三振を奪う快投を見せた。最速はスカウトのスピードガンで147キロ、今季に入って流行しているインフルエンザに感染し体調は万全ではなかった。

しかし、「球速はあまり出なかったけど変化球がよかった。打者のタイミングを外すことができた」と三振はすべて変化球だった。最速152キロを記録するが、「球速が注目されがちだけど自分は変化球投手」と話し、スライダー、カットボールなどを使って完成度の高い投球をする。大学に入学すると右肘の疲労骨折などで1年半はリハビリ期間となったが、プロ野球の投手のメンテンナンスも行い、昨年の東北楽天のドラフト1位で、今季5勝を挙げた荘司康誠選手などもも育てた北川雄介トレーナーの指導もあり4年になって急成長を遂げた。

この日は4球団のスカウトが視察をしたが、中日は松永スカウト部長と清水スカウトの2名態勢で視察、清水スカウトは「ピッチングをつくれる投手で大きく崩れない。角度があり、今後の成長もイメージできる」と評価した。

この日は他の大学生のドラフト候補もプレーをしていたが、スカウト部長が杉田投手の視察に訪れたということは、ドラフト会議での指名の可能性も考えられる事になると思う。

2023年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-東海地区大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
日大国際関係学部の杉田健が3イニングを完全投球 裏かく投球で打者ほんろう【東海地区大学野球静岡学生リーグ】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東海地区大学野球静岡学生リーグは7日、浜松球場などで1回戦4試合が行われ、日大国際関係学部は静岡産大に1―2で敗れた。プロ注目の最速1...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2023 Draft home page

コメント