横浜DeNA・高田GM、明大・山崎福也投手に「間違いなく1位」と評価

明大, 山崎福也

 昨年、東京六大学リーグで春秋連覇を達成した明治大野球部の祝賀会が、現役選手やOBが出席して行われた。明大OBの横浜DeNA・高田GMは、今年のドラフト候補左腕・山崎福也投手について「間違いなく1位」とドラフト1位候補であると評価した。

 

希望の左腕投手

 横浜DeNAは2013年のドラフト会議で、左腕の松井裕樹投手を指名したが抽選で外した。他にも左腕の岩貞祐太投手なども候補に挙がったものの、ドラフト1位は右腕の柿田裕太投手を指名、さらにドラフト2位で平田真吾投手、4位で三上朋也投手と右腕投手を指名した。左腕投手は長年の補強ポイントであり、ドラフト6位で山下峻投手、育成ドラフト1位の砂田毅樹投手を獲得したものの、まだまだ足りない状況だ。

 明大・山崎福也投手は186cmの大型左腕で最速149km/hを投げる。投球スタイルとしては140km/h前半の速球を丁寧に投げるタイプで、先発を任せて試合を作れる投手だろう。その山崎投手に対して明大OBの高田GMは「間違いなくドラフト1位の投手。欲しい投手の一人? それは当たり前」と話して、ドラフト1位候補の一人に挙げている事を明かした。そして高田GMは「ドラフトでは母校や先輩は関係ないけど必ず見ていく」と話し、これからもマークしていく。

 

エースか左腕か

 横浜DeNAにとっても今年のドラフトは将来のチームづくりの基礎となる。2012年に獲得した右腕の三嶋一輝投手や井納翔一投手がプロでも成長した姿を見せ、2013年は3人の即戦力右腕を獲得した。数のバランスから言うと左腕投手が欲しいところで、山崎福也投手や三嶋一輝投手、加賀美希昇投手の後輩になる石田健大投手が挙げられる。

 ただし今年のドラフトは済美・安楽智大投手や前橋育英・高橋光成投手、早大の有原航平投手や亜大の山崎康晃投手など、チームのエースに成長しそうな右腕投手が揃っている。長い間、三浦大輔投手一人がエースとして踏ん張るチームにはまず軸となるエースの存在が必要だろう。横浜DeNAは松坂大輔投手や田中将大投手、大石達也投手、東浜巨投手などの目玉投手には指名を行っているが、抽選で外して獲得できない状況は続いている。

 ペナントレースが進むにつれチーム状況が見えてくる。チームの成績がよければ強気に将来のエース候補を競合で、成績が良くなければ弱点を補強、というドラフトに成るかもしれない。しかし今年は1位候補に挙げられる選手が比較的多く、エース候補と言われる投手を抽選で外したとしても、山崎福也投手などを外れ1位で獲得できる可能性は十分にある。1位で安楽智大投手や山崎康晃投手、有原航平投手などを指名し、外した場合は石田健大投手、山崎福也投手などの左腕を指名する流れになりそうだ。

 

他球団も注目

 ただし山崎福也投手には他球団も注目をしている。この日は明大OBの星野監督の代理で出席した東北楽天の三輪コーチも、山崎投手について「体も大きくて角度もある」と話している。さらに北海道日本ハムもドラフト上位候補に名前を挙げている。山崎投手が今年のドラフト会議で注目を集めるのは間違い無さそうだ。

 

 東京六大学リーグで昨年、38年ぶりとなる春秋連覇を達成した明大が13日、東京・千代田区の同校キャンパスで優勝祝賀会を開催。関係者約700人が訪れ、今秋ドラフト1位候補左腕・山崎福也(さちや・3年)がプロ球界の明大OBから熱視線を浴びた。

 DeNA・高田GMは「間違いなくドラフト1位の投手。欲しい投手の一人? それは当たり前」と高評価。楽天・三輪バッテリーコーチは「体も大きくて角度もある」とエールを送った。大学NO1左腕の山崎は「まずは自分のことをしっかりやりたい。日本一が一番の目標です」と、昨春の大学選手権(4強)、秋の明治神宮大会(準V)のリベンジを誓った。

 今季のチームはエース左腕・山崎がドラフト上位候補とあり、出席したDeNA・高田繁GMは「間違いなく1位で消える」と後輩を高く評価していた。

  DeNA・高田GMが13日、母校・明大野球部のリーグ戦春秋連覇祝賀会に出席し、今秋のドラフト候補となる最速149キロ左腕・山崎に強い興味を示した。昨秋は1位指名した左腕・松井(神奈川・桐光学園高→楽天)を5球団競合の末に外しただけに、現役通算最多の16勝のエースに「(抽選のある)ドラフトでは母校や先輩は関係ないけど…、必ず見ていく」と熱視線を送り続けるつもりだ。


PAGE TOP