東洋大・藤岡貴裕投手、連投のマウンドも勝利に貢献!鈴木大地内野手も3安打2打点!

大学野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

 東洋大VS駒大との2回戦では先発に151km右腕・内山拓哉投手が登板、7回まで1失点に抑えて6-1で勝ち越している8回のピンチに高橋昭雄監督は迷わず藤岡貴裕投手をリリーフに送った。藤岡投手は一人の走者も許さず無失点で抑えた。
 球速は146kmを記録、この日も横浜・稲嶺スカウトなどが視察に訪れている。

 この試合では鈴木大地選手が大活躍、ホームランを含む3安打で2打点、三塁打が出ればサイクルヒットだった。こちらも注目の選手ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント