社会人野球日本選手権、JR東日本とJX-ENEOSが都市対抗に続き決勝で対戦

JX-ENEOS, 大城基志, 白崎勇気, 三上朋也, JR東日本, 戸田亮, 秋吉亮, パナソニック

 高校野球では大阪桐蔭と光星学院が春夏ともに決勝に進出し2強の年だったが、社会人野球もJX-ENEOSとJR東日本の2強だった。

 社会人野球日本選手権大会の準決勝が行われ、JR東日本vsパナソニックの試合ではJR東日本は白崎勇気投手、パナソニックは秋吉亮投手と来年のドラフト候補同士の先発となった。白崎投手は3回1アウトまで3四球を与えて1失点と調子が悪く降板したが、その後はオリックスから6位指名された戸田亮投手やベテランが試合を作っていく。

 一方、パナソニックの秋吉亮投手は6回まで7奪三振、5回まで無失点に抑える好投を見せたものの6回に3失点で降板、その後は後続も打たれて8-2でJR東日本が勝利した。

 またJX-ENEOS vs トヨタ自動車の対戦は、JX-ENEOSが三上朋也投手、トヨタ自動車がベテランの佐竹功年投手が先発すると、三上投手は7回途中まで5四死球に5安打を許し決して良いピッチングではなかったものの無失点に抑えると、その後も大城基志投手が2イニングをノーヒットに抑えるなど無失点を続ける。

 一方トヨタ自動車の佐竹投手も9回を無失点に抑えるピッチングを見せたが、10回にランナーを出して降板すると、その後のリリーフ陣が四球で崩れ1-0でJX-ENEOSが勝利した。

 都市対抗と同じカードとなった決勝戦、都市対抗ではJX-ENEOSがJR東日本の吉田一将投手を崩して6-3で勝利している。JR東日本は吉田投手を準決勝で使わず、万全の体制で臨む一方、JX-ENEOSは三上投手が調子が良くなくてしかも準決勝で登板しており、北海道日本ハムドラフト6位の屋宜照悟投手など総力戦で臨むことになりそうだ。

 

 JX―ENEOSの大久保秀昭監督が試合後、感極まった。夫人でタレントの大東めぐみの父・大東勝さんが今月1日、肝硬変の悪化により体調を崩し、名古屋市内の病院で75歳で他界していたことを打ち明けた。「決勝はテレビ放送があるから(見られる)、と強く手を握ってくれました。その翌日に亡くなって…。約束を果たしたので、どこかで見てくれていると思います」。延長10回2死満塁から山岡が押し出しの四球を選び、都市対抗に続く2冠に王手をかけた。今夏の都市対抗大会決勝で下したJR東日本の再挑戦を受ける格好となり「相当な思いで向かってくる相手をさらりとかわしたい」と指揮官。11日の準々決勝・日本生命戦で完投したことで準決勝では登板予定のなかったエースの大城も救援でつぎ込んでしまったが、天国の義父のためにも負けられない。

 JR東日本が隙のない野球で決勝に進んだ。6回、三ゴロで迷わず本塁を突いて追いつき、内野安打で逆転。堀井哲也監督は「夏に(都市対抗の決勝で)負けてから1点の重みを意識して取り組んできた結果」と喜んだ。

 

 投げては、3番手で登板したオリックスのドラフト6位・戸田が逆転勝利を呼び込んだ。2点のリードを許していた5回1死二塁でマウンドに上がると、3、4番をともに中飛に仕留めた。「雰囲気を変える投球ができた」と、来年からの本拠地となる球場で社会人日本一を目指す。


PAGE TOP