東京ヤクルト、来年のドラフト上位指名候補として日体大の矢澤宏太選手をリストアップ

大学野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東京ヤクルトは、来年のドラフト会議で日体大の矢澤宏太選手を上位候補にリストアップしていることがわかった。

スポンサーリンク

「非常に高いポテンシャルを持っている」

矢澤宏太選手は二刀流として注目され、投手としては最速150キロの速球に、消えるスライダーを投げ、今秋のリーグ戦で3勝2敗、3完封を記録した。また、野手としても50m5.8秒の足と、鋭いスイングから柵越えもみせ、長打力の魅力も十分ある。

来年のドラフト上位候補として注目される中で、東京ヤクルトの球団関係者が「現時点で投手としても野手としてもレベルが高く、非常に高いポテンシャルを持っていると思う。いろいろな面で担当スカウトが見ていくことになる」と話し、矢澤投手をドラフト上位候補として注目していくことを明らかにした。

投手・野手の両方で注目するとし、投手について「腕の振りが非常に鋭い。直球は力強いし、低めのスライダーとチェンジアップで多く三振を取れる」と評価すると、野手としても「足が速くてチャンスメークができる。塩見のように長打もある選手」と評価する。

東京ヤクルトの補強ポイントとなる左腕投手、ポスト塩見の候補として、そのどちらにも当てはまる選手となる。

躍動感あふれる選手で、日本一の東京ヤクルトにさらに勢いを与えてくれる選手となりそうだ。ドラフト会議では2位までに指名されることは確実と見られ、1位指名の可能性もある。

来年のドラフト戦線のトップランナーとなっていくことは間違いない。

2022年ドラフト指名予想
 2022年ドラフト指名予想です。
ヤクルト、’22ドラフトへ二刀流の日体大・矢沢リストアップ 俊足50メートル5秒8&最速150キロ左腕!
ニュータイプの二刀流が来秋ドラフトの目玉になるかもしれない。球団関係者は、投打二刀流でプレーする矢沢を上位指名候補として追っていく考えを明かした。

ニュータイプの二刀流が来秋ドラフトの目玉になるかもしれない。球団関係者は、投打二刀流でプレーする矢沢を上位指名候補として追っていく考えを明かした。

「現時点で投手としても野手としてもレベルが高く、非常に高いポテンシャルを持っ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント