阪神・中村GMが横浜商大・岩貞祐太投手に高い評価、大学全日本合宿を視察

大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 侍ジャパン 2013年ドラフトニュース

 日米大学野球の大学日本代表チームの合宿が始まり、紅白戦には12球団30人のスカウトがあつまった。その中で阪神は中村GMが視察に訪れた。

 中村GMが目に留めたのは白組の4番手で登板した横浜商大の岩貞祐太投手で、145km/hを記録したストレートとカーブ、フォークで2回を投げてノーヒット、2奪三振1四死球に抑える好投を見せると、「初めて見たけど、左としてはおもしろい。結構球が速いし、秋のリーグ戦も2、3度見に来たい。タイプ的には先発じゃないかな」と評価した。

 岩貞投手は「最初上ずっていたけど、腕が振れて修正できた。丁寧さと配球で抑えられることもわかったけど、まっすぐ、強気のピッチングで押したい」と意気込みを語り、左のエース格として代表入りをほぼ手中に納めたと思う。また「上の世界でやりたいと思っているので、いい姿を見せられればいい」とプロ志望を口にした。

 阪神は横浜商大の試合に度々訪れ、岩貞祐太投手、西宮悠介をチェックしている。チームも左腕投手の補強をポイントに挙げており、外れ1位や2位での指名の可能性がある。左腕投手では大学選手権に登板した京産大・岩橋慶侍投手、近大・小出智彦投手、京都学園大・白濱尚貴投手などが思ったような投球が見せられておらず、左腕投手としては岩貞投手の評価が一気に高まるかもしれない。

阪神・中村GM、横浜商大の左腕・岩貞を視察  - サンケイスポーツ:2013/6/22

 雨の中、中村GMがスカウトらと、平塚球場のネット裏席に陣取った。初めて視察した大学日本代表選考合宿の初日、最も注目したのは左腕・岩貞だった。紅白戦の紅組の4番手として登板。この日最速145キロのストレートとスライダー、カーブをまじえ、2回打者6人を無安打1四球2三振で無失点だ。

 「初めて見たけど、左(投手)としてはおもしろい。結構球が速いし、秋のリーグ戦も2、3度見に来たい。タイプ的には先発じゃないかな」

 印象をこう口にした後「評価はシークレットだから。他では右の杉浦(国学院大)が上位候補だろうね」とけむに巻いた。注目度が高くない神奈川大学リーグに現れた快速左腕にほれ込んでいた。

 岩貞は「最初上ずっていたけど、腕が振れて修正できた。ていねいさと配球で抑えられることもわかったけど、まっすぐ、強気のピッチングで押したい」と話した。参考にしているのは阪神・能見篤史投手(34)。昨秋から「映像で間の取り方とか体重移動とか、よく見て勉強しています」という。

横浜商大・岩貞に阪神・中村GM熱視線  - デイリースポーツ:2013/6/22

  降りしきる雨の中でも、岩貞は十分に持ち味を発揮した。マウンドに上がった七回の先頭に四球を与えたが、続く東京六大学リーグ今春首位打者の法大・大城戸を138キロ直球で見逃し三振。次打者も直球で押して、遊ゴロ併殺打に仕留めた。

 八回は3者凡退で2回零封、2奪三振。最速145キロを記録した。「最初は球が上ずったが、うまく調整できた。真っすぐで強気の投球ができれば結果が出るかな」。言葉通りの内容に納得顔だ。

 昨秋から映像で参考にしているという投球フォームだけでなく、体格も阪神・能見にそっくりな細身左腕。初視察した中村GMは「左としてはおもしろい。速い球を投げるし、秋のリーグ戦を2、3度見に来たい」と興味津々。岩貞は「上の世界(プロ)でやりたいと思っているので、いい姿を見せられればいい」と、意気込みを新たにしていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント