広島ドラフト1位・野間峻祥選手vs阪神ドラフト3位・江越大賀選手!

大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 明治神宮大会大学の部では駒澤大vs中部学院大の試合が行われ、駒澤大が3-1で勝利した。3回には阪神がドラフト3位で指名した駒大・江越大賀選手がレーザービームで同点を阻止し、エース・今永昇太投手が1失点完投勝利。

野間vs江越、評価は?

 この試合、注目されたのは広島のドラフト1位、中部学院大の野間峻祥選手と、阪神のドラフト3位、駒澤大の江越大賀選手、共に俊足で強打、強肩もある外野手として今年のドラフト戦線で大学生野手の注目選手として評価されてきた。共にセリーグの球団に指名されたこの二人の直接対決となった。

 3回、2アウト2塁の場面で野間選手が内野の間を抜けるセンター前ヒットを記録、長打に備えて深めに守っていたセンターの江越選手だったが、50m5.8秒の足で打球を前で捕るとその勢いでバックホームする。送球は糸を引くように伸び、キャッチャーが頭の上で捕球するとセカンドランナーを楽にアウトにした。

 江越選手は4回に四球で出塁するとすかさず二盗を決めた。打撃の方は1打数で1三振とまだ課題があるものの、これまで注目されてきた足と肩で大きくアピールをした。阪神の中尾孝義スカウトは「スケールの大きさは凄い。うちでは新庄以来じゃないか。それぐらいのものはある。」と話し「肩と足は十分に見せてくれた。即戦力」と太鼓判を押した。

 一方、野間選手はこの日は4打数1安打2三振と、来年のドラフト1位候補・今永昇太選手に抑えられた。それでも今大会は中日がドラフト2位で指名した浜田智博投手から3安打を放つなどチームを引っ張った。

 視察した広島の苑田スカウト部長は「インパクトのスピードはスバ抜けている。」と高く評価し、「12球団でも上の方の外野陣に入って、レベルを見て練習すれば仲間入りできる」とこちらも太鼓判を押した。

 

プロの舞台で

 野間選手は江越選手について「似たタイプですね」と話した。また江越選手も野間選手を「やはりいいものを持っているし、負けたくなかった」と話した。

 大学野球では東都リーグ1部にいる江越大賀選手の方が有名でドラフト1位候補として注目されていたが、ドラフト会議では野間選手が1位指名され、現時点で評価は逆転をした。

 共にセリーグで、センターで、強肩俊足の外野手として注目され比較される事になるだろう。この日、試合終了後のインタビュー室ですれ違った野間選手が江越選手に「次、頑張れよ」と声をかけた。

 阪神に3位指名され、縁を感じている。視察した中尾孝義スカウトは「肩と足は十分に見せてくれた。スケールの大きさは凄い」とうなった。

C1位中部学院大・野間の中前打、阪神3位江越レーザービームで補殺 日刊スポーツ紙面 2014/11/17

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント