巨人・菅野智之投手が4勝目、東京ヤクルト・小川泰弘投手はKO、東北楽天・則本昂大投手が3勝目、北海道日本ハム・大谷翔平選手は2安打

東北楽天球団ニュース 東京ヤクルト球団ニュース 巨人球団ニュース 北海道日本ハム球団ニュース 2012年ドラフトニュース

 巨人vs広島の試合ではドラフト1位の菅野智之投手が6回2/3を投げて5安打7奪三振1失点でハーラートップの4勝目を挙げた。

 この日は自ら先制となるタイムリーヒットを放つなど投打に活躍を見せた。しかし7回に押し出しの四球を与えるなど、疲れも見え始めているようだ。しかし既にエース級の安定感を見せる菅野投手はやっぱりスーパールーキーだった。

 一方、先週、菅野投手と投げ合って勝利を挙げた小川泰弘投手も4勝目を狙ったが、初回に6失点、2回以降は無失点も四球とヒットでランナーを背負い、4回8安打6失点で降板した。足を高く上げるフォームの隙を突かれ、足でかき回されフォームのバランスを乱した。指摘されていた部分ではあるが、今後どのような対応をしていくのか、小川投手に試練が訪れた。

 東北楽天の則本昂大投手はオリックスとの試合で7回を5安打9奪三振で無失点に抑えて3勝目を挙げた。プロでも大学同様安定感の高いピッチングを見せており、やっぱり力がある。このまま勝ち星を挙げていきそうだ。

 北海道日本ハムのドラフト1位・大谷翔平選手は7番ライトで先発出場すると、第1打席でライト前に痛烈にはじき返してヒット、第4打席は三塁内野安打を放って4打数2安打を記録した。

復帰後にいきなりこれだけの活躍を見せるのは、打撃のセンスも非常に高い。ただしやっぱり投手大谷を見たい。

 ほぼ12球団のルーキーが活躍しているのではないかと思う。今年のルーキーはやっぱりすごい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント