日刊スポーツがピカイチ投手特集、特Aランクは安楽智大投手、Aランクに12人

松本裕樹, 安楽智大, 立田将太, 高橋光成, 田嶋大樹, 飯塚悟史, 小野郁, 永谷暢章, 善武士, 高橋奎二, 田中空良, 佐野皓大, 山城大地

 今日は日刊スポーツが「ピカイチ投手特集」を掲載している。特Aは一人、済美・安楽智大投手、Aランクには盛岡大付・松本裕樹投手や前橋育英・高橋光成投手、佐野日大・田嶋大樹投手、大和広陵・立田将太投手など12人が入っている。

特Aランクは安楽智大投手一人

 昨年の特集では特Aランクは桐光学園・松井裕樹投手と済美・安楽智大投手の2人、松井裕樹投手はドラフト1位でプロ入りしている。

 安楽智大投手は2年連続の特A評価となった。しかし状態としては昨年よりも厳しい。昨年秋の1回戦で肩を痛めて降板し春の公式戦は登板が無かった。練習試合でも登板はしているものの、1年生や2年生の時のように150km/hを連発するような投球は見せられていない。

 上甲監督はチームに勢いを付けるためにも、「やはり安楽の投球。150km/hが出ればチームは勢いづく」と安楽投手の最後の夏のピッチングに期待をしている。

 

Aランクの12人

 Aランクの12人は先ほど挙げた他には、日本文理・飯塚悟史投手、豊川・田中空良投手、龍谷大平安の2年生・高橋奎二投手、履正社の2年生・永谷暢章投手、沖縄尚学・山城大地投手と、センバツで注目された投手が並ぶ。

 それ以外では西日本短大付・小野郁投手、多良木・善武士投手、大分・佐野皓大投手の九州最速トリオが名前を連ねた。小野投手、佐野投手はこの春に150km/hを記録し、善武士投手も149km/hを記録している。

 

その他の投手

 また日刊スポーツでは、神奈川県は東海大相模の佐藤雄偉知投手を、西東京は日大三の釘宮光希投手をNO1としている。

 他に、春に右ひじを疲労骨折していた市立船橋の青野善行投手や、同じく昨年秋に左ひじを疲労骨折していた佐久長聖・寺沢星耶投手が復調している事を紹介している。

 とても面白い企画で、今後の資料としても使えるので、是非買ってみてください。

エースの出番!!全国の「ピカイチ投手編」 2014/7/4

 


PAGE TOP