2014年夏、地方大会を終えて2 ~神奈川の注目野手たち~

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 昨年の高校野球は野手が目立った年だった。ドラフト会議でも大阪桐蔭の森友哉選手、東海大甲府の渡辺諒選手がドラフト1位で、常総学院の内田靖人選手、高知の和田恋選手、鹿児島実・横田慎太郎選手がドラフト2位で指名されている。他にも若月健矢選手、園部聡選手、上林誠知選手などが話題を集めた。

横浜の二人

 今年のドラフト候補で1年時から注目されていたのは横浜高校の高濱祐仁選手と浅間大基選手だった。1年から高濱選手は4番を打ち、浅間選手も1番、3番を打ってきた。そして昨年夏は桐光学園・松井裕樹投手から高濱選手がバックスクリーンに、浅間大基選手がライトスタンド中段にホームランを放ち、松井裕樹投手の夏再びの夢を打ち消した。

 として今年、二人は松井投手と同じく2年生の夏に立った甲子園に行く事はできなかった。浅間大基選手は2打席連続弾など3本のホームランを放った。調子が挙がらなかった高濱祐仁選手も準々決勝で待望の一発を放った。しかし東海大相模の投手陣に抑えられた。

 プロの評価はそれほど下がらない。しかし浅間大基選手の評価はウナギ登りしたとみられる。巨人は外れ1位でという評価だったが、埼玉西武など他球団が動き始めている。外れ1位では獲れないかもしれない。

 高濱祐仁選手は右のスラッガーでは智弁学園・岡本和真選手の次あたりの評価だろうか。しかしプロのスカウトは守備についても評価をしている。兄・高濱卓也選手のいる千葉ロッテや右の主砲獲得を目指す地元横浜DeNAが動いてきそうだ。

 

神奈川にもう一人

 そして神奈川にもう一人注目選手がいる。横浜隼人の宗佑磨選手だ。この夏は大会前に右膝膝蓋骨を骨折し手術を受けての大会となった。全ての試合に出られなかったものの、しっかりと盗塁を決め、高校通算26号となるホームランも放った。

 準決勝で涙を飲んだものの、50m5.8秒の足で遊撃手として守備範囲も広く、甲子園に出場していたら話題にもなって2005年高校生ドラフト1位で指名競合した陽岱鋼選手クラスになったかもしれない。横浜DeNAや東京ヤクルト、阪神、北海道日本ハムなど遊撃手を求めているプロ球団は多い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント