日本文理・飯塚悟史投手が完投に決勝打、阪神スカウトが6人で視察

高校野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 大分・佐野皓大投手とのプロ注目投手対決を制したのは、日本文理の飯塚悟史投手だった。飯塚投手はスラッガーとしても注目されていたが、この日は9番打者となり投手で勝負する意思を示した。

最速142km/h

 飯塚投手は187cmの身長選手で、昨年秋の明治神宮大会決勝では2本のホームランを放ち、打撃に注目が集まった。しかし本人は投手への思いが強く、センバツでは初戦で敗れたものの好投を見せ、投手としても評価を挙げていた。その後球速を146km/hまで伸ばしているが、試合では140km/h前後のストレートに角度をつけ、フォークボールなど変化球とのコンビネーションで打ち取っていく。

 この日も最速は142km/hと球速を落とし、あくまで勝負にこだわる投球を見せた。それでも初回に失点した後は2つの三振で、また9回も3つの三振を奪って締めるなど、角度のあるストレートと変化球で三振を奪った。

 145km/hを記録した大分・佐野皓大投手との投げ合いに、「相手よりも自分」と話し「スピードも気にならなかったし、勝つ投球だけを考えた」と話した。

 

投手として

 スラッガーとしても注目される飯塚選手だが、この日は打順は9番に入った。昨年夏は4番を打ち、春は5番を打っていたが投手一本の姿勢を示した事になる。7回に決勝打を放つなどしたものの、あくまでも投手という事だろう。

 明治神宮大会では準優勝をしているが、昨年夏の甲子園は初戦で大阪桐蔭に、センバツは初戦で豊川に敗れていた。甲子園の初戦突破を果たし、これから本当の力を見せる事になるだろう。

 

阪神スカウトが評価

 この日は、阪神のスカウトは飯塚投手と佐野投手の投げ合いに6人態勢で視察を行った。中村GMは「上背もあるし角度がある。将来楽しみな存在」と評価した。

 内容的には評価は上がりにくいが、体の大きさや投球、打撃など可能性が大きな選手といえる。ドラフト会議でどんな順位で指名されるのか注目したい。

 3季連続出場で初めて味わった甲子園での白星。「まず1つ勝つことが目標だった。校歌を歌えて気持ち良かった」と笑った。好投手とのマッチアップにも「相手よりも自分。スピードも気にならなかったし、勝つ投球だけ考えた」。MAX142キロの直球とフォークを主体に大分打線を封じた。

 3季連続出場で初めて味わった甲子園での白星。「まず1つ勝つことが目標だった。校歌を歌えて気持ち良かった」と笑った。好投手とのマッチアップにも「相手よりも自分。スピードも気にならなかったし、勝つ投球だけ考えた」。MAX142キロの直球とフォークを主体に大分打線を封じた。

 ドラフト候補同士の投げ合いに、対抗心はなかった。大分・佐野に対し「自分は速球が持ち味ではない。勝つための投球をしたい」と言い続けた。昨夏、今春と初戦敗退。特に今春の豊川戦は九回に同点とされ、延長で敗れた。何度もその映像を見直した。以前は「スピードで負けたくないとかあった」という右腕は「勝負にこだわりたい」と、本物の大黒柱に脱皮していた。

 今大会屈指の好投手対決に、ネット裏のスカウト陣も熱視線を送った。阪神は6人体制で両投手を視察した。日本文理・飯塚について、阪神の中村GMは「上背もあるし、角度があるよね。将来楽しみな存在」と評価。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント