日本文理・飯塚悟史投手、注目投手を相手に2試合連続完投勝利

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース 2014年高校野球選手権ニュース

 夏の高校野球甲子園大会は日本文理vs東邦の試合が行われた。プロ注目の日本文理・飯塚悟史投手は初戦の大分・佐野皓大投手に続き、この日は東邦の1年生・藤嶋健人投手と投げ合って完投勝利を挙げた。

2試合連続完投

 飯塚悟史投手は初戦で大分の150km/h右腕・佐野皓大投手と投げ合い、8安打を許し6つの四死球を与えるなど苦しんだものの、9つの三振を奪って2失点に抑えて完投で勝利した。

 そしてこの日は、1年生ながら140km/hを越す速球を投げ注目されていた東邦の藤嶋健人投手との投げ合いとなった。序盤はやはり制球に苦しみ4回には2つの四球とヒットなどで1点失い、5回には2本のヒットで0-2とリードを許した。それでも飯塚投手は粘りの投球を続けて8回まで2点に抑えると、9回は最速144km/hを記録し三者三振でゲームを締めた。

 9回6安打9奪三振3四死球で2失点という内容だった。187cmの体があり146km/hを投げる飯塚投手、この夏はただ優勝をするために、抑えながら投げているようにも見える。

 

次の試合も注目投手と

 この日は東邦の1年生・藤嶋健人投手も144km/hの速球で押すピッチングで、5回まで4安打無失点と好投したが6回に3点を失った。再来年のドラフト1位を意識出来る投手なのは間違いない。

 そして日本文理は次は富山商と対戦する。初戦で完封、2回戦で11奪三振1失点完投で勝利をしている森田駿哉投手が相手となる。大学進学を予定している左腕に対し、どんなピッチングを見せるか注目だ。

 「バンビ2世」を寄せ付けなかった。相手は、東邦の1年生・藤嶋。味方の拙守が絡み2点を先行された。だが、6回に自らの安打も含め、4安打3得点で逆転。右腕をKOすると、スライダーやフォークボールを振らせ9三振を奪い、6安打で2戦連続完投した。「自分も3年間やってきた。この前まで中学生だった選手に負けたくはなかった」。投打で今秋ドラフト候補に挙がる3年生のプライドをのぞかせた。

 中略 

 次の相手は“北陸のドクターK”森田駿哉(3年)を擁する富山商に決定。「逆転して投げ切れた。最後の1球は次の試合につながる。自信を持って向かいたい」。手に汗を握る投手戦にも、臆することはなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント