健大高崎・脇本直人選手がプロ志望届を提出へ

健大高崎, 脇本直人

 健大高崎で甲子園でも6盗塁を記録した脇本直人選手が今日、プロ志望届けを提出する。

通算57本塁打

 脇本直人選手は180cm80kgの外野手で、高校通算57本塁打を記録するパンチ力と、50m6.1秒の足がある大型選手として注目されている。

 甲子園ではホームランこそなかったものの6盗塁を記録し、また相手が隙を見せると果敢に次の塁を奪う走塁を見せた。18Uでは予選ラウンドに中国戦で3点タイムリーを記録するなど1番で活躍したが、台湾戦ではノーヒットに終わり決勝の韓国戦では出場しなかった。

 外野の守備や打撃に課題があるものの、果敢な走塁と強い気持ちがあり、ドラフト会議では4位前後で指名がありそうだ。健大高崎は監督の明確な方針によって選手が動いているが、プロに入ってから脇本選手が自分で考え成長していく姿を見せてほしい。

健大高崎脇本も 日刊スポーツ紙面 2014/9/17

 


PAGE TOP