常総学院、宇草孔基選手・竹内諒選手で10盗塁に主軸の長打あり快勝

高校野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 常総学院が14-1で米子北を下した。141km/hを記録した米子北の高橋晟一朗投手を、いとも簡単に攻略した。

足で長打で

 初回、50m6.1秒で走る先頭打者の宇草孔基選手がレフト前ヒットで出塁すると、すかさず二盗を仕掛けて成功する。2番を打つ竹内諒選手も50m6.2秒の足を見せ、4回にはエラーで出塁すると二盗三盗、8回にも内野安打で出塁して二盗三盗を決めると、もう1回まわってきた打席でも死球で出塁し二盗を決めた。

 1番、2番がそれぞれ5盗塁ずつ、10盗塁を決めた。これだけ成功したのは、やはり事前の分析によるものだった。米子北・高橋投手の大きなモーションと共に、首を縦に振った時はけん制が無いといったクセを分析し、100%行けると確信を持って試合に臨んでいたという。

 そして足で攻略された高橋投手のストレートを狙い、主軸が襲いかかった。5番の荒原祐貴選手が2回にライトスタンドで会心のホームランを放つと、甲子園練習で3本のサク越えを見せていた和田慎吾選手も6回にホームランを放った。

 チームで足と打撃で好投手を攻略した。

 

15Uエースも好投

 また、先発した1年生の鈴木昭汰投手も7回を投げて6安打6奪三振で無失点に抑えた。鈴木投手は2013年の侍ジャパン15Uの投手で、アジアチャレンジカップでは台湾戦で先発し、6回1安打5奪三振と完璧に抑え込ん出いた。

 球速は130km/h台だがキレの良いストレートをスバスバと投げ込む左腕投手で、2年生・左腕が2年連続で優勝投手となっているセンバツにおいて、その候補として名前が挙がる。

 隙のない試合を見せた常総学院もこれで勢いに乗った。

常総学院高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 新チーム結成から走る意識を高め、宇草&竹内の1、2番には「行けたら行け」のグリーンライトが出ている。試合前には、入江道雄部長が昨秋のビデオで米子北・高橋の首がセットポジションで縦に動くとけん制がないというクセを発見。初回無死一塁から宇草が二盗し、打席の竹内が確認していた。そのクセを生かし、足で流れをつかんだ。「いつも投手の心を読んでいる」という竹内は、1歩目から大きな歩幅で早くトップスピードに乗る走法を体得。風呂でのストレッチで股関節を柔らかく使えるようにした成果も見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント