専大松戸・上沢直之投手は6失点も16奪三振!

高校野球ドラフトニュース 2011年ドラフト

 千葉大会では2回戦屈指の好カード、専大松戸VS千葉明徳の試合がありました。

専大松戸の先発はドラフト上位候補、187cmから145kmの速球を投げる上沢直之投手、この日はストレートが高めに浮くもカーブが鋭く、見逃し・空振りを奪うことができていた。しかし、味方のエラーなどもあり終盤は何度も先制される苦しい展開で6失点、延長10回までを投げて降板した。

ストレートは141kmをマーク、奪った三振は16個を数えた。この投球にはプロ9球団16人のスカウトが注目した。引き分け再試合になった明日、再び先発するのかが注目される。

 

  •  

 

 - :

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント