近江・京山将弥投手が6安打完封、10球団18人スカウト視察し絶賛

近江高, 京山将弥

滋賀大会では近江高校が伊吹高校に2-0で勝利、エースの京山将弥投手が6安打完封で準々決勝に進出した。この日はプロの編成幹部クラスなど10球団18人の関係者がスタンドに集まった。

GMクラス絶賛

京山将弥投手はしなやかな腕の振りからとにかく低めに集める制球力があり、スライダー、カーブなどの変化球と、145キロのキレの良い速球を投げる。この日も6安打完封し安定感ある投球を見せた。

この試合に10球団18人のスカウトが集まり、横浜DeNAは高田GMが、東京ヤクルトは小川SDなど幹部クラスも視察に訪れた。阪神・山本スカウトは「真っすぐのキレ、回転がいい」と評価すると、楽天・愛敬スカウトも「すべて低めに投げるのは高校生になかなかできない。体ができればローテに入れる」と評価した。

素質を高く評価される京山投手、ドラフト会議では4位前後で指名されそうだが、まずは甲子園に向けて戦う。次戦は昨年秋と今年春に敗れている滋賀学園が相手となる。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト

昨年からの腰痛で登板機会が少なかったためこの日はDeNA・高田GM、ヤクルト・小川SDらを含めプロ10球団18人がスタンドに集結した。阪神・山本スカウトは「真っすぐのキレ、回転がいい」と評価。楽天・愛敬スカウトも「すべて低めに投げるのは高校生になかなかできない。体ができればローテに入れる」と絶賛した。


PAGE TOP