2018年ドラフト候補、高校生関東編

万波中正, 野村大樹, 山下航汰, 森下翔太, 野村佑希, 米倉貫太

2018年のドラフト候補を紹介してゆきます。今日は関東の高校生選手。

2017年は

早稲田実の清宮幸太郎選手が7球団の競合の末に北海道日本ハムの1位で指名されるなど、他にも多くの選手が指名された。

青藍泰斗の石川翔投手が中日1位
花咲徳栄の西川愛也選手が埼玉西武2位
清水達也投手が中日4位
横浜の増田珠選手がソフトバンク3位
星槎国際湘南の本田仁海投手がオリックス4位
二松学舎大付の永井敦士選手が広島4位
霞ヶ浦の遠藤淳志投手が広島5位
東海大市原望洋の金久保優斗投手が東京ヤクルト5位
白鴎大足利の北浦竜次投手が日本ハム5位
日大三の櫻井周斗投手がDeNA5位
健大高崎の湯浅大選手が巨人8位
また育成では常磐の山上信吾投手が巨人育成2位、立花学園の日暮矢麻人投手がソフトバンク育成5位で指名された。

注目選手

今年も注目選手が目白押し、まず早稲田実の野村大樹選手は、小柄ではあるもののすでに高校通算48本塁打、4番バッターとしてチームを勝ちに導く打撃も目立つ。捕手に転向し、その負担も大きいのか、また清宮選手がいなくなったことでマークが厳しくなったのか、やや打撃で目立つ場面が減った感じもするが、能力はスバ抜けている。清宮選手同様にプロか早稲田大進学かが注目される。

そしてW野村として注目されるのが花咲徳栄の野村佑希選手、185cm85kgと体もあり、スラッガー候補としてプロのスカウトの視線は野村大樹選手よりも熱い感じもする。投げても144キロで投手としての登板もありそうだが、ホームランをどこまで量産していくのか注目したい。

また東海大相模の森下翔太選手も180cmの身長がありホームランを量産している。抜群のセンスの持ち主、健大高崎の山下航汰選手も昨年の甲子園で活躍を、今年夏もホームランを量産した。そして忘れていけないのは横浜の万波中正選手、現在は打撃の粗さが際立ち苦悩をしているが、1年生夏の横浜スタジアムのバックスクリーン弾や中学時代からの素質の高さは消えることはない。

投手では埼玉栄の米倉貫太投手が関東NO.1か。183cmから投げられる146キロの速球は、若生監督だからという事だけでなくダルビッシュ投手のようにバランスよいフォームで投げられている。

その他の選手

浦和学院の佐野涼弥投手はキレの良い速球を投げる左腕で、今年春は非常に素晴らしかった。夏にフォームを崩したか制球を乱すなど調子を落としているが来年が楽しみ。また188cmの右腕・渡邉勇太朗投手が本格化しそうで、打者でも蛭間拓哉選手が猛打を見せてこちらも注目される。夏の100回大会甲子園出場に本気になっている浦和学院は強力。

足では健大高崎の今井佑輔選手が50m5.8秒の足があり機動破壊の中心選手になっている。成田の田宮裕涼選手は中学時代から経験豊富な捕手で、セカンドまで1.84秒の強肩を見せる。木更津総合の野尻幸輝選手、日大三の日置航選手は2年時にすでに主力として活躍、横浜高の長南有航選手も2年夏にホームランを量産し、東海大菅生の片山昂星選手は2年時に20本塁打を記録した。星槎国際湘南の松下壮悟選手も長打力に定評があり、関東第一の石橋康太捕手は東京NO.1捕手の呼び声高い。

投手では帝京の松澤海渡投手が体もあり変化球も多彩、U15代表を経験しており球速アップに期待したい。国士舘の石井峻太投手も清宮選手との対戦が注目された左腕、181cmと身長もある。

センバツ出場有力組では、関東チャンピオンの中央学院・大谷拓海選手に注目、投げては145キロだが通算23本塁打の打撃が注目される。藤岡中央の門馬亮投手が143キロの速球で抜群の三振奪取率を見せる。明秀日立の細川拓哉投手も144キロの速球を投げ、9本塁打と打撃もある。同じチームの増田陸選手も17本塁打の長打力が目立つ。

素質とセンスでは横浜高の斎藤大輝選手は1年時から活躍をしており、日体大柏の滝田承太郎投手は185cmの長身があり将来性に注目、東海大甲府の小野寺瑞生投手は中学時代に140キロ前後の球を見せ注目されていたが、現在は内野手としてプレーしパワフルな打撃に注目したい。

その他には、日大鶴ヶ丘に勝又温史投手という146キロを記録する投手がいる。

2018年度-高校生-関東のドラフト候補リスト


PAGE TOP