有明高校2年・浅田将汰投手が144キロ、8安打9奪三振1失点完投勝利

有明高, 浅田将汰

来年の怪物投手候補の一人、有明高校の145キロ右腕・2年生・浅田将汰投手が先発し、多良木高校に5-1で完投勝利を収めた。

144キロとチェンジアップ

有明高校の2年生・浅田将汰投手は181cm80kgの右腕で、最速は145キロを記録し、すでにプロが注目している。

この日の多良木戦では、立ち上がりから140キロを超すストレートを見せる。2回に3安打を集められて1失点をしたものの、そこからスライダー、チェンジアップをうまく使い、三振で要所を締めていく。

高見監督が「後半も球速が落ちず、真っすぐが走っていた」と話すように、抜群のスタミナもあり、8安打を許したものの2回に1失点のみに抑え、9つの三振を奪った。

浅田投手は福岡県飯塚市出身で、地元にも強豪高があったが、「まったく甲子園に行ったことのないチームから、甲子園に行きたかった」と話し、わざわざ地元を離れ、甲子園未出場校に進学し、この春のRKK旗では、九州学院や秀岳館戦で浅田投手が完投し優勝をしている。

甲子園出場が2年生の怪物投手によって近づいてきている。

2019年度-高校生のドラフト候補リスト

有明・浅田1失点完投 西日本スポーツ紙面 2018/7/18

 


PAGE TOP