習志野・古谷拓郎投手が3回4奪三振、4球団スカウト視察し巨人、広島が評価

習志野, 古谷拓郎

西千葉大会では習志野の143キロ右腕・古谷拓郎投手が登板し、3回2安打4奪三振で無失点に抑えた。4球団のスカウトが視察に訪れた。

巨人、広島が評価

古谷拓郎投手は最速は143キロだが、182cmの身長があり、質の良い球を投げる投手としてプロが注目している。

この日はリードした7回からリリーフで登板すると、3回を2安打4奪三振で無失点に抑えた。登板後は「初戦なので少し力んだところもコースに決まらないところもあった。次までに修正したい」と冷静に分析した。

この日の最速は140キロだった。4球団のスカウトが視察に訪れ、巨人の吉武スカウトは「ボールの質が良い。息の長いボールを投げている」と評価すると、広島・尾形佳紀スカウトも「真っすぐに数字以上の威力がある」と評価し、「千葉では素材NO.1の投手」と評価した。

チームは4回戦に進出し、これからは古谷投手のエースとしての投球が見られそうだ。「スピードよりも勝てるピッチャーになりたい」と話し、甲子園を見据えた。

2018年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2018年度-高校生-千葉県のドラフト候補リスト

バックネット裏にはプロ4球団のスカウトが視察に訪れた。自己評価は厳しかったが、巨人・吉武スカウトが「ボールの質が良い。息の長いボールを投げている」と高評価するなど、この日の最速は140キロながら直球の球質を高評価した。

マウンドに立って最初の打者を安打で出したが、すぐさまけん制で刺す冷静さ。広島・尾形佳紀スカウトは、スピードガンで最速にあと3キロの140キロを確認した。「真っすぐに数字以上の威力がある」と評価し、「千葉では素材No・1の投手」と言葉を続けた。


PAGE TOP