来年注目、横浜高校の153キロ左腕・及川雅貴投手と小泉龍之介選手

横浜高, 及川雅貴, 小泉龍之介, 内海貴斗

来年は横浜高の153キロ左腕・及川雅貴投手や、強肩俊足強打の小泉龍之介選手に注目が集まる事になる。また4番で主将の内海貴斗選手も力を見せる。

四天王に

来年のドラフト1位候補として注目される高校四天王の大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、横浜・及川雅貴投手、その中で唯一の左腕の及川投手には期待も注目も集まっている。しかし本人は「まだまだそのレベルに達していないというか、他の3人と比べると自分がまけているところばっかりだと思うので」と話す。

及川投手は中学時代にU15代表のエースとして、W杯で最優秀防御率を獲得するなど、世代NO.1投手として注目され、鳴り物入りで横浜高校に入学した。そして横浜高校でも1年時から登板し、その球威あるストレートとすでに超高校級といわれたスライダーを見せていた。

しかし、1年生秋の神奈川大会準々決勝でコールド負けをし、2年生となった今年も夏前までは非常に良い投球を見せていたが、夏の神奈川大会ではエースとしての投球を見せることができず、甲子園でも花咲徳栄戦で先発したが、6回途中4失点という内容に終わっていた。その間に、大船渡の佐々木投手は抜群のスピードボールを投げ、星稜の奥川投手は甲子園で150キロを投げると、2年生で唯一U18代表入り、創志学園の西投手も甲子園で1試合16奪三振の快投を見せていた。

及川投手は来年の逆襲を誓う。秋は神奈川大会で東海大相模、慶応を撃破する好投を見せ「上がるにつれて自分の調子も上がってきた」と、徐々に調子を上げてきていた。しかし、関東大会では連投となった春日部共栄戦で3回途中までに5失点し降板する。「連戦できる肩、肘の体力がないというか。走る体力は割とあるんですけど」と新たな課題も見つけた。

「コントロールを良くするのに、下半身を強化してフォームを固めていって、それについてきて球速も質も勝手に上がる。もっと体づくりをすればもっと上がってくると思います。」と話し、昨年同様に今年のオフも、金子部長とトレーニングを行う。

来年にはもう一回り大きくなった及川投手が見られるかもしれない。その時に球速は、そして伝家の宝刀・スライダーはどんなキレを見せるのか。非常に楽しみ。

小泉選手もプロ注目

横浜高校は来年も素晴らしい選手がそろっている。小泉龍之介選手は遠投120mの肩と50m6.0秒の足を持ち、また秋の神奈川大会準決勝の慶応戦で逆転サヨナラ2ランホームランを放つ活躍を見せた。三振を減らすように打撃フォームを変えて秋に臨んだというが、「軽くミートしただけでスタンドインという事も練習試合であった」と話す。

また主将となり4番を打つ内海貴斗選手は、パンチ力のある左の大砲だが、「7割ぐらい打てるようなバッターになろう」と打撃の質を上げるため、このオフはバットを振る量も質も上げている。横浜高校には1年生に天才的な打撃を見せる度会隆輝選手もおり、お互いに技術を共有しながら成長できる。

来年は及川投手、小泉選手、内海選手などがドラフト候補として注目されるが、万波中正選手、増田珠選手、藤平尚真投手などに続いてプロ野球選手が誕生するか、注目したい。

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

及川、雄星越えに自信 デイリースポーツ紙面「デイリー高校野球」 2018/12/19

 

 


PAGE TOP