佐賀県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

佐賀県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

注目選手

佐賀商の野田匠投手は176cmから146キロの速球を投げ、県最速か。75kgとまだ鍛えられる余地もあってのこの球速は楽しみではある。また、181cmの本格派右腕・脇山枢投手も注目を集めており、夏に140キロ台の声が聞かれるかもしれない。

野手で注目されるのは唐津商の野手の坂本勇人選手。素早い送球でセカンドまで1.85秒の肩に勝負強い打撃で通算14本塁打も放つ。巨人に入ったらどのように呼ばれるのか楽しみだ。また唐津商では主砲・宮崎友汰選手がスラッガーとして注目される。2年秋の大会で特大弾+明豊戦の2打席連続弾は九州屈指のスラッガーを証明した。

その他の選手

佐賀商はエースは浦川一心投手が選ばれるかもしれない。130キロ中盤のストレートとチェンジアップで昨年は注目の2投手が故障の中でチームを支える安定感を見せた。打線でも副島優斗選手は強い打球を打つ強打者。

投手力では東明館も注目される。183cmの木谷竜翔投手は、入学時から球速を20キロ伸ばして140キロに到達、まだまだ成長を続ける。柴田恭佑選手は投手としても140キロを記録するが、ショートでの抜群の身のこなしと強肩、そしてバックスクリーン直撃弾など強打のショートとして今後が楽しみ。

唐津商の市丸紘樹選手も、投手として140キロを記録するが、高校通算19本塁打のパワーのある遊撃手、素振り500回を毎日続ける。森伊皇司投手は187cmの投手で、成長すれば面白い存在。

佐賀学園は171cmながらセカンドまで1.9秒の送球を見せる川副寿来選手と、135キロのキレの良い球を投げる浜野翔太投手のバッテリーで、2年春は22イニング連続無失点と安定感を見せる。強打の片山貴斗選手もおり、例年通り選手層が厚い。

鳥栖商の平野伸選手も伸びのあるストレートが魅力だが、2年春に3本塁打を放った打撃も注目される。伊万里の崎田一輝投手が180cm80kgの体があり138キロを記録するが、この選手も勝負強い打撃と広角に強い当たりを打てる選手。太良高の大渡純星選手は1年生からショートを守っており、そのフットワークや正確な送球は他県の高校の指導者も注目する。

鳥栖工の平野快旺投手は130キロ後半の速球を思い切り投げる度胸と投げっぷりの良い投手、伊万里農林の吉田聖弥投手も左から130キロ後半をの速球を投げ、キレの良しで140キロ中盤にも感じられる。敬徳高の井上翔投手も140キロに到達しており、県最速を狙える。北陵の藤本風投手もキレの良い球が注目される。

2年生では長身左腕の荒谷紘匡投手や、50m5秒台の俊足・中村一翔選手の佐賀北コンビと、東明館の亀山慶介投手も本格派左腕として注目される。

2020年度以降-高校生-佐賀県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント