福井県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

福井県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

注目選手

敦賀気比の笠島尚樹投手は、140キロ前後でも球威が抜群、制球力も非常によく、インコースにしっかりと投げ込める投手だが、球速が145キロまで伸びるなど成長した姿を見せてくれそうで、手が付けられない投球を見せるかもしれない。また、松村力投手は180cm80kgから146キロの力のある速球をなげ、こちらもさらに成長した投球を見せてくれそう。

その二人の球を受ける御簗龍己捕手も、171cmと小柄だがとにかくフットワークが良く、軽快な動きでランナーもしっかりと封じられる。打撃でも長打力が伸びており、怖い打者になってきた。

福井工大福井も173cmの左腕・垣外中健心投手が145キロの速球を投げ、しっかりとしたフォームで伸びも感じる。180cm80kgの左腕・高木寛斗投手も角度のある球を投げ、球速が伸びてくれば楽しみな投手。

その他の選手

敦賀気比では3人目の投手の岩田優世投手も、184cm74kgの大型左腕投手で、角度のある球を見せる。球速がどこまで伸ばせているのか期待したい。

啓新は、倉橋瞳人投手が最速142キロの速球を投げ、県の好投手の一角として注目される。1年時からレギュラーとして出場する幸鉢悠樹選手や強打の外野手の竹原翔選手、山沢太陽選手など、選手層では敦賀気比、福井工大福井に引けを取らない。

敦賀高校の久米遼投手は178cm68kgの左腕投手で、130キロ後半の球は十分伸びがある。丹生の伊藤秀太郎投手も球速が130キロ後半に達しており、140キロ越えも期待できる。北陸の江口寛太投手も力のある球を投げおろす。

福井工大福井は、浅里友輝選手が小柄ながら一発の魅力がある選手で、2年生で強打線の一角を打つ。大上岳人捕手は、球威ある投手陣をリードする安定感がある。北陸高校も捕手の杼木誠太朗選手はリード面で評価が高く、打撃でもチャンスに強い。水町達哉選手は、188cm94kgの体がある右の大砲。

坂井高の山口信太選手は守備の良さで県屈指と評価、小柄ながら力強い打撃も魅力。藤島高の宇野裕心選手は、180cmの右の大砲で、福井県営のバックスクリーンにぶち当てた長打力を持つ。福井商は逆方向にも長打を打てる米田宏壽選手がおり、敦賀高の細川琉羽選手も星稜戦でホームランを放つなど長打力がある。

2年生では敦賀気比の大島正樹選手は高い身体能力を持った1番センターで、足やスピードに定評がある。啓新は137キロを計測している塚田晴斗投手に、投手や外野手としてもプレーする才場達也選手の名前が挙がる。三国高の矢部真至選手は、1年時に敦賀気比戦で場外ホームランを放ち注目される。金津高の藤田貴志投手は130キロ台の伸びのあるストレートと90kgのカーブを織り交ぜるセンスの良い左腕投手。

2020年度以降-高校生-福井県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント