中京大中京が決勝へ、中山礼都選手に中日が、松島元希投手にDeNAが評価

中日ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

中京大中京は、準決勝の愛知黎明戦に、3年生をベンチ入りさせるため、154キロ右腕の高橋宏斗投手がベンチ入りせずに戦い、10-1で7回コールドで勝利した。中山礼都選手、松島元希投手にそれぞれプロのスカウトが評価をしている。

背番号1

エースの高橋宏斗投手がベンチ入りをせず、この日1番をつけたのは147キロ左腕の松島元希投手だった。

高校で初めて背番号1を付けて、先発のマウンドに立つと、最速144キロのストレートで、抜群のキレを見せるスライダーで4回2安打1失点の好投を見せた。

視察した横浜DeNAの中川スカウトは「体は小さくても、力のある球を投げる。良い投手」と評価した。

バッティングセンスが素晴らしい

7回までに10点を奪った打線、その中でも3番ショートで出場する中山礼都選手は、初回にライト前ヒットを打つと、2回1アウト満塁の場面で、ライト前に2点タイムリーヒットを打った。4打数3安打2打点でチームに勝利をもたらした。

視察した中日の清水スカウトは「走攻守のバランスがいい選手。特にバッティングセンスが素晴らしく、センターを中心に広角に打てる」と評価した。

今大会は序盤こそ力みがあり、思うような打撃ができていなかったが、徐々に自分の打撃を見せられるようになっている。

今日、愛産大工と決勝を戦い、12日には甲子園交流戦で智弁学園と対戦する。エースに154キロ右腕の高橋、控えに147キロ左腕の松島、捕手に印出太一、ショートに中山、そしてセンターに西村友哉、高校屈指のセンターラインでキセキの世代ともいわれた中京大中京もあと2試合のみ。

中京大中京高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
愛知県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
愛知県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

視察した中日の清水スカウトは「走攻守のバランスがいい選手。特にバッティングセンスが素晴らしく、センターを中心に広角に打てる」と高評価。高橋源一郎監督(40)も「力が抜けて自然体で打てるようになってきた」と決勝も期待している様子。

中京大中京、さぁ無敗で甲子園 スポーツ報知紙面 2020/8/10

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント