市立和歌山の152キロ右腕・小園健太投手が9回5安打11奪三振完投

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

市立和歌山の152キロ右腕・小園健太投手が、秋季近畿大会1回戦の東播磨戦で9回5安打11奪三振1失点の好投を見せた。

スポンサーリンク

次は智弁和歌山

この日の小園健太投手は、初回に三者凡退で立ち上がり、2回から3回にかけて4者連続三振を奪った。それでも「自分は三振を多く取るタイプのピッチャーではない」とコーナーに決まっていなかったストレートを修正すると、「限りなくストレートに見えるように意識している」と得意のカットボール、ツーシームを生かし、5回以降は打ち取る投球ができ、三塁を踏ませない投球を見せた。

小園投手は152キロの速球を投げ、ストレートを求めるのはこのオフと割り切っているのだろう。秋は球速はそれほどではないが、小さな変化球で打ち取る投球を見せる。それは大きな目標のためでもある。次戦は智弁和歌山と東海大仰星との勝者と対戦するが、その試合で勝てばセンバツ出場が濃厚となる。そのための勝つ投球を優先させている。

センバツ出場が決まれば、このオフにパワーアップをし、センバツには155キロくらいの球とカットボールを見せてくれるのではないかとも思うくらいで、来年のドラフト会議に向けて中心となる選手になるだろう。

2021年ドラフト指名予想
 2021年ドラフト指名予想です。
2021年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

初回を三者凡退に封じる上々の立ち上がりを見せると、続く二回の最後の打者から三回まで、4者連続三振を披露。「自分は三振を多く取るタイプのピッチャーではない」としながらも「限りなくストレート(と同じ軌道)に見えるように意識している」というカットボールと、縦と横の2種類のツーシームで三振の山を築いた。

コースに決まらなかった直球を後半に修正。140キロ台半ばの直球を狙われていても空振りを取ったり、打ち取ったりできるようになったという。カットボールやツーシームも「限りなく直球に見せられるように」と操った。スライダーを狙われると、わざと捕手のサインに首を振って直球と思わせておいて、スライダーを投げたりと駆け引きも。豪腕というだけでなく、クレバーな一面ものぞかせた。

【近畿】来秋ドラフト候補の市和歌山・小園健太、5安打11奪三振1失点完投で準々決勝進出
 来春の第93回センバツ高校野球大会の出場校を決めるための重要な参考資料となる秋季近畿大会が開幕した。市和歌山(和歌山1位)が東播磨(兵庫2位)に勝利し、準々決勝に進出した。
市和歌山・小園 11K1失点完投「先頭を出さないように心がけた」、初出場の東播磨下す - スポニチ Sponichi Annex 野球
 市和歌山が接戦を制し2回戦に駒を進めた。先発した来秋ドラフト候補の最速152キロ右腕・小園健太(2年)は5回に先制を許したが、直球と変化球をうまく織り交ぜ11奪三振で1失点完投。「先頭を出さないように心がけたことが1点で抑えられた要因。次勝たないと選抜が見えてこないので、勝って選抜への一歩を踏み出したい」と2回戦へ意...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント