2021センバツ出場、下関国際の注目選手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

センバツ大会に出場するチームで、個人的に注目したい選手を紹介します。今日は下関国際高校。

下関国際の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:古賀康誠投手・2年

179cm85kgの左腕投手で130キロ後半の速球を投げる。ダイナミックな投げ方で迫力があるフォームが特徴。このセンバツをきっかけに更に成長が期待できる。

注目度C:仲井慎遊撃手・2年

投手として139キロを記録する強肩遊撃手。打撃も安定しており、昨秋は5盗塁と足も使える身体能力の高い選手。

注目度C:賀谷勇斗三塁手・2年

167cmと小柄だがパンチ力が魅力、アベレージもしっかりと残せ、足も使える好選手。

注目度C:長琉之介投手

170cmのサイドハンド投手で最速は138キロを記録した。昨秋はリリーフで登板し5回1/3で3失点も、5つの三振を奪っている。

注目度C:守優雅捕手

遠投100mで鋭い送球でランナーを刺し、チームのピンチを何度も救った。四球も多く選び出塁ができる選手で、タイムは速くないが10試合で4盗塁を決めている。

注目度C:赤瀬健心外野手・2年

182cmの外野手。50m6.1秒の足があり昨秋は4盗塁を決めている。パワーをつけてゆきたい。

チーム

投手は古賀投手、松尾投手、仲井投手がイニング数が多く、誰がエースという起用ではない。それぞれに特徴と力がある。

攻撃ではパンチ力もあり打撃センス十分の賀谷選手が1番を打ったが、3番での起用も考えられる。4番に守選手が座り、2番の仲井選手の出塁や走塁がポイント。盗塁数が多く、どこからでも足を使ってくる。守備では捕手の守選手、ショートの仲井選手が軸となり、しっかりした守備を見せる。

打線が粘り強く全員で攻撃するスタイルで7点前後を奪い、投手が5点程度に抑える。投手の粘りと、打線が粘り強く1点を重ねていけるか。

下関国際高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント