夏の高校野球・長崎大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球長崎大会、九州を代表する147キロ投手に、195cmの左腕投手、昨年も大会を沸かせた壱岐高校から185cmの左腕投手も出てきそう。パンチ力ある遊撃手なども揃い、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は大崎が優勝しセンバツに出場した。準優勝に長崎日大、ベスト4に海星と長崎西。春は長崎商が優勝、小浜が準優勝をした。ベスト4長崎日大と海星が入った。

選手がそろう大崎と、長崎日大、海星の3校が優勝を争い、春優勝の長崎商や選手層の厚い長崎日大、創成館などが絡む形となるか。

注目選手

九州文化学園の黒木優投手は、184cmから最速147キロの速球を投げ、カットボール、スライダー、スプリット、チェンジアップなどの変化球も一級品と評価され、九州トップクラスと評価される。進路次第では、ドラフト中位での指名の可能性もある。

195cm左腕の鴨打瑛二投手は、86kgまで身体も太くなってきている。ただし球速は130キロ後半で、まだ一試合を信頼して任せる所までは言っていない。それでも着実に成長をしており、将来、どこまで行くのかがまだ見えない投手だ。

壱岐高校は昨年、高田恭平投手の好投が長崎独自大会を非常に盛り上げたが、今年も185cmから140キロ近い速球を投げる赤木利玖投手が注目されそうで、その内容次第ではドラフト候補として名前が挙げられるようになるかもしれない。

その他の選手

大崎高はエースの坂本安司投手が140キロのストレートに力があり、181左腕の2年生・勝本晴彦投手もポテンシャルが高い。調祐李選手の強打は魅力いっぱいで、2年生の田栗慶太郎選手は182cm83kgのスケールの大きなスラッガー。

長崎商の城戸悠希投手は178cm82kgのバランスの良い右腕で、130キロ後半の速球を投げる。打撃でもホームランを打つなど長打力がある。右サイドハンドの田村琉登投手も浮くストレートとシンカーを織り交ぜる好投手で、2年生左腕の綾部倖太投手も控える。同じく2年生で主軸を打つ大坪迅選手の打撃も良い。

長崎日大も137キロの速球を投げる石橋渉投手が力のある球を投げ、アンダースローの平尾海斗投手も目線を変える効き目がある。センターで好プレーを見せる山口聖矢選手は打撃センスもよく、2年生でショートを守る百武伸選手も一発がある。

海星は、二塁手の合田侑聖選手が巧みな打撃を見せる。投手陣は140キロを記録する陣内健志投手、鮫島海琉投手、2年生の宮原明弥投手に、130キロ中盤を投げる永田庄太郎選手、内田洋人選手などがおり、それぞれが身体能力が高く、野手としても活躍する。

創成館は1年時から注目された松永知大選手が、投げては130キロ後半の速球を投げる肩と、50m6.0秒の足、そしてスイングスピードが早く長打力もあり、三拍子そろう。西原豪選手も高い身体能力があり、ユーティリティとして活躍をしているが、アピールするポイントを絞りたい。

小浜高の中野拳志郎投手は、171cm72kgと身体は小さいが139キロの速球を投げ、春は6試合を一人で投げ抜いて準優勝に大きく貢献した。粘りの打撃とチャンスに強い4番の関真矢選手も頼れる。大村工業は180cmのサイドハンド・徳永海十投手が135キロの速球を投げ、ショートの吉村健志郎選手は昨年秋から春までに15本塁打と量産体制に入っている。

佐世保実は182cm右腕の岩永遥斗投手が角度のあるストレートとスライダーで三振を奪う。鹿町工の平道宝投手は135キロの速球を投げ、テンポの良さでつぎつぎと打ち取っていく。

九州文化学園の小川結人選手はショートの守備に定評があり、二塁手・鳥巣紘希選手との二遊間は九州屈指。1年時から活躍をしてきた長崎南山の鹿山惇生選手もチームに貢献する打撃と守備を見せ、前田慶選手も主将としてリーダーシップを発揮する。

2021年度以降-高校生-長崎県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント