夏の高校野球・石川大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球石川大会、星稜、日本航空石川で、今年の候補として昨年までのように注目選手はいないが、下級生に注目しなければならない選手がおり、ドラフト注目度はB。

スポンサーリンク

地区

昨秋は星稜が優勝、小松大谷が準優勝、ベスト4に日本航空石川と寺井が入った。春は小松大谷が優勝し、日本航空石川が準優勝、金沢と星稜がベスト4入り。

星稜と日本航空石川の2強は安定して強さを見せるが、小松大谷が好投手を擁し、一角に加わっている。実力のある金沢、遊学館に寺井、小松商が追いかける。

注目選手

毎年のように速球派投手を輩出する金沢龍谷、今年も183cmの左腕で146キロの速球を投げる井上透摩投手がおり、プロのスカウトも注目をしている。

1年時から打球の飛距離に注目が集まっていた右のスラッガー、星稜の中田達也選手は、チームもセンバツに出場けいず、春も力を発揮することができず、声も聞かれなくなっている。

日本航空石川の石井幸希選手も1年時から、他の選手とは桁違いの打撃を見せて注目された。レベルの高いプレーは健在。小松大谷の東出直也捕手は、二塁送球が1.85秒を記録し、プロのスカウトが注目している。

そして下級生に注目が集まる。日本航空石川の内藤鵬選手は、この春に5本塁打を放ち、そのうち4本が場外ホームランだった。高校通算19本の怪物は来年までに何本打っているだろう。大久保真夢投手も178cm83kgのバランスの良い体格から、144キロの速球に130キロ中盤のスライダーを投げる。

星稜は1年時に130キロ後半の威力ある球を投げた184cm91kgのマーガード真偉輝投手の成長が気になる。大きなスケールのある投手。そして1年生の武内涼太投手は、182cm76kgの右腕で、最速は142キロを記録しており、監督も奥川より上と評価する。

その他の選手

小松大谷の北方慈也投手は、屈指の好投手。130キロ後半の速球を投げるが、制球力と鋭い変化球を織り交ぜ、強打の星稜や日本航空石川打線をかわしていく。スタミナと安定感も十分。1番の僧野我斗選手も179cm72kgの左打者で、スピードと長打力を兼ね備える。

星稜は技巧派左腕の野口練投手が、安定した投球を見せる。楽天・黒川選手の弟の黒川怜遠選手が春はヒットを量産し、俊足の吉田竣希選手、打撃も肩も良い中谷大翔選手など、特徴のある選手が並ぶ。

日本航空石川は平子真弘選手が1番バッターとして信頼感があり、好球が来るまでカットを続ける打撃技術があり、狙った球を一発で仕留める長打力もある。藤井航我投手は187cmの右腕で、潜在能力が高そう。

金沢高は183cm右腕の山崎群投手が力のある球を投げ、2年生左腕の米沢友翔投手も腕の振りが鋭い。1番のショックリー真希選手は春に全試合でヒットと盗塁を決めるなど、足を使ったプレーが得意だが長打力もある。

遊学館の新保朋也選手は171cm72kgの捕手で、主将としてリーダーシップを見せる。シャープなスイングも魅力。1年時からマウンドを経験していた184cm84kgの土倉瑠依斗選手も二刀流で素質が高い。小松商の宮下慧仁選手は182cm68kgの外野手で、強い打球を打つ選手。投げても動く球を使い抑える。

津藩高の森林秀匡投手は、130キロ後半の速球を投げ、打者としても評判の選手。金沢学院高の渡辺光羽投手は137キロの速球を投げる左腕投手で隠し玉。輪島の蔵口敦投手も本格派右腕投手と評価される。

2021年度以降-高校生-石川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント