夏の高校野球・滋賀大会(2021)の注目選手:ドラフト注目度C

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

夏の高校野球滋賀大会、プロのスカウトが注目する速球派、大型の投手がいるが、昨年ほどの注目度はない。現時点でも全体的にも候補選手は多くないため、ドラフト注目度はC。

スポンサーリンク

地区

昨秋は滋賀学園が優勝し、近江が準優勝。ベスト4に比叡山と綾羽が入った。春は綾羽が優勝し、立命館守山が準優勝、ベスト4に滋賀学園と水口東が入った。

綾羽と滋賀学園が安定して力があり、近江と比叡山も加わって4校が優勝候補。立命館守山、北大津などのチームが追いかける。

注目選手

滋賀学園の阿字悠真投手は、180cm77kgの本格派で球速は146キロを記録する。全国クラスの投手として複数球団のスカウトが視察に訪れる。本人もプロ志望を公言しており、夏はプロ入りを手繰り寄せる結果を残したい。

また栗東高の小林純大投手にもプロが注目している。184cmの左腕投手で球速はぼちぼちだが、近江高校で甲子園で活躍した西濃運輸の林優樹投手のフォームを参考に、下半身をひねって横からの角度をつけたフォームでインコースに食い込む球を投げる。まだ70kgと線が細いが、体が出来てきたらどんな投手になるのかイメージしながら、注目したい。

近江の2年生・山田陽翔投手は175cm75kgの右腕で、146キロの速球を記録する。中学時代からテレビに出演するなど有名な投手で、来年の注目選手。

その他の選手

滋賀学園は1番・落合克己選手が打撃センスと足があり、2年生で主軸の鈴木蓮選手がフルスイングからの強打を見せる。2年生捕手の吉川朋希選手も強肩で、阿字投手などをしっかりとリードする。

綾羽高は180cm77kgの右腕・矢野航成投手が制球力を生かした投球、2年生の野村亮輔投手は球の力を生かした投球をする。バットコントロールの良い中島陸尊選手がチャンスを作り、強打の金城颯把選手が長打で還す。捕手の金山凌大選手も強打と肩で名前が挙がる。

近江は179cm92kgの強打の左打者・新野翔大選手を中軸に、リードオフマン・明石楓大選手などがチャンスを作る。181cm右腕の岩佐直哉投手、2年生左腕の副島良太投手などが2年生の山田投手を支え、投手から捕手に転向した島瀧悠真選手はリードと肩で支える。

比叡山は185cm90kgの島口裕輝選手の打撃が破壊力抜群で、高校通算17本塁打だが、軽く打っても飛んでいく打球は圧巻。投手としても良い球を投げ、肩もある。リードオフマンとして評価の高い藥師志選手に、川田夢志選手、長打力のある中角飛雄馬選手などの名前も挙がる。

北大津は173cm78kgの上坂真人選手が、投げては141キロの速球で抑え、打っても高校通算20本塁打の長打力を見せる中心選手。県トップクラスの守備を見せる岸田力斗遊撃手も注目。

水口高の藤原聡大投手は173cm62kgと大きくないが球速は143キロを記録する。もともとはショートを守り、フィールディングも良い。光泉カトリックの清水大成投手は回転数の多い130キロ後半の速球を投げる。立命館守山の北村怜士投手も捕手から転向し141キロの力のある球を投げ込む。水口東の小林蓮也投手は右のサイドスローから力のある球をインコースに差し込む。

彦根翔西館は、1番・増田翔人選手、2番・柴崎悠斗選手、3番・諸藤翔大選手の3人が50m5秒台の足を持つ。米原高は林朋也投手、清水琢哉投手が軟投派で巧みな投球をする。

2021年度以降-高校生-滋賀県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント