智弁和歌山・中西聖輝投手が6回5安打8奪三振で優勝投手、プロ志望明言

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

智弁和歌山のエース・中西聖輝投手が、夏の甲子園大会決勝の優勝投手となり、試合後にはプロ志望届の提出を明言した。

スポンサーリンク

エース

智弁和歌山は、智弁学園との決勝戦で背番号18の伊藤大稀投手を先発マウンドに送ったものの2回に2失点、4回にもノーアウト1,2塁のピンチとなった。

そこで登板したのがエースの中西聖輝投手で、1アウト2,3塁とされてから、得意のフォークで2者連続三振を奪って無失点に抑え、流れを断ち切った。5回意向もヒットは許すものの、140キロ台のストレートとフォークで無失点に抑え、9回までの6イニングを5安打8奪三振無失点に抑えた。

9回の最後は三振を奪い、マウンド上で大きく飛び上がるようなことはなく、落ち着いた形でガッツポーズをみせた。貫禄の投球だった。

試合後、将来について聞かれると、「野球を始めてから、なりたいと思ってきた」と話し、プロ志望を明言した。中西投手は147キロの速球を投げ、パワーピッチングを見せていたものの、この夏はフォークボールなど変化球を巧みに操る投球も見せる。

持っている能力は高く、甲子園の優勝投手という実績を加えたが、ドラフト会議で指名が確実にされるという感じでは現時点ではなく、今後、この優勝と甲子園、和歌山大会の投球が総括され、あらためて高く評価した球団が、実績と将来性を込みで指名をするかどうかという所か。

中西投手も評価は感じているようで、「これからも追い掛けたい」と話し、「この経験を必ず先のステージでも生かして、優勝投手になれたということに自信を持って投げ続けたいと思います」と、将来に渡ってプロ入りを目指す決意を示した。

2021年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
夏の甲子園大会(2021)決勝の組み合わせと注目選手
夏の高校野球、決勝の対戦カードと注目選手です。
進路を表明した高校生選手一覧(2021)
夏の大会も日程が進み、甲子園大会が始まった。既に戦いを終えた高校生からは、進路を表明した選手もいる。進路を明らかにした選手をまとめます。

イチロー氏に「“ちゃんとやりましたよ”と伝えたい」と話した147キロ右腕は、同氏も手に入れられなかった「甲子園優勝投手」の栄誉を手に、次のステージへ向かう。「野球を始めてから、なりたいと思ってきた」とプロ志望届を提出することを明言。

全国制覇を成し遂げ、次に見据えるのはプロの世界。「この経験を必ず先のステージでも生かして、優勝投手になれたということに自信を持って投げ続けたいと思います」と力強く話した。

智弁和歌山・中西聖輝 最後の夏に気付いた“チームのため”の投球/デイリースポーツ online
 「全国高校野球選手権・決勝、智弁和歌山9-2智弁学園」(29日、甲子園球場) 栄光まであと1球-。智弁和歌山の中西聖輝投手(3年)は最後の打者を空振り三振に斬ると、思わず拳をグッと握った。「ガッツポーズが出てしまいました」。迎えたフィナーレ。「礼に始まり礼に終わる」のチームのモットーを体現し、マウンドに歓喜の輪を作る...
「野球始めたときから ずっと」甲子園Vの智弁和歌山・中西 プロ志望届:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇29日 全国高校野球選手権決勝 智弁学園2―9智弁和歌山(甲子園) 智弁和歌山が“智弁対決”を制し、2000年以来21年ぶり3度目の...
【甲子園】智弁和歌山V投手中西聖輝がプロ志望明言「この先のステージで」 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
智弁和歌山のエース中西聖輝投手(3年)がプロ志望を明言した。4-2の4回無死一、二塁に2番手で登板。後続を断ち、得点を与えなかった。そのまま9回まで0を並べ、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント