智弁学園・前川右京選手3安打も優勝届かず、「高卒プロが目標」プロ志望表明

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

智弁学園の前川右京選手は、この日の決勝戦で1番レフトで出場し3安打を記録した。優勝にはあと一歩届かなかったが、甲子園準優勝を手にプロの世界へ挑む。

スポンサーリンク

最後は1番で

前川右京選手は今大会これまで、3番レフトで4試合に出場していたが、2回戦の横浜戦だけ1番として出場しており、この日の智弁和歌山との決勝でも1番バッターで出場した。

初回、先頭打者でセンター前ヒットで出塁をすると、5回にはライト前ヒット、7回には2アウト1塁でライト戦へ2ベースヒットを打ち、チャンスを広げた。4打数3安打だったが打点はなく、試合は2−9で敗れて優勝にはあと一歩届かなかった。それでも、「最後まで一生懸命全員が戦えたことを誇りに、前を向いて立っていました」と涙はみせず、甲子園のグラウンドから去った。

試合後に今後について聞かれると、「高卒プロをずっと目標にしていた。そこは変わらずプロ野球の世界に行って活躍できるように頑張りたい。プロ志望届は出します」とプロ志望を表明した。

目標については、「岡本選手のような柔らかい打撃ができるようになりたい」と、智弁学園OBで2014年に巨人にドラフト1位指名をされた岡本和真選手の名前を挙げた。

今大会では2本のホームランを放ち、その長打力をみせた。打撃はまだまだ固まっていない感じだが、振れること、そして飛ばせることは十分評価されており、ドラフト会議では将来性の高いスラッガーを獲得したい球団を中心に3位前後での指名があるかもしれない。

2021年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
進路を表明した高校生選手一覧(2021)
夏の大会も日程が進み、甲子園大会が始まった。既に戦いを終えた高校生からは、進路を表明した選手もいる。進路を明らかにした選手をまとめます。

注目の進路について、高校通算37発の左打者は「高卒プロを目標にしてきた。それは変わらない」とプロ志望届の提出を明言。「岡本選手のように柔らかい打撃ができるようになりたい」と巨人の4番である先輩の名前を挙げた。甲子園でつかんだ自信と悔しさを胸に、次はプロの世界で羽ばたく。

日本一には届かなかったが、次の夢がある。「高卒プロが目標。岡本選手(現巨人)のような柔らかい打撃ができるようになりたい」。涙をこらえて前を向いた。

【甲子園】智弁学園・前川はプロ志望表明「感謝の気持ちでいっぱい」
 今大会2本塁打を放つなど、準優勝に貢献した智弁学園(奈良)の前川右京左翼手(3年)がプロ志望届を提出することを明かした。「高卒でプロをずっと目標にしていたので、そこは変わらずにプロの世界に行って活躍
【甲子園】智弁学園・前川「プロ志望届出します」進路明言 高校通算37発 - 高校野球夏の甲子園 : 日刊スポーツ
高校通算37本塁打の智弁学園(奈良)の前川右京外野手(3年)が試合後、プロ志望を明言した。今後の進路について問われ「高卒プロをずっと目標にしていた。そこは変わ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント