此花学院・福田真也投手、プロ志望へ!

高校野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 大阪大会4回戦で此花学院vs大塚高の対戦が行われ、注目の福田真也投手は6-12と劣勢の7回に登板すると3回をノーヒット5三振を奪うピッチングだったが、四死球も6つで1失点と実力は見せたものの制球力の課題を残し、高校3年間の夏が終わった。

 試合後に福田投手は「プロ志望届を出します。プロに行ければいいですけれど」と話し、プロ志望届を提出することを表明した。プロ側も複数球団が視察に訪れており、球威は高く評価している。課題の制球力について直せると判断すれば指名となるだろう。感じとしては育成ドラフトでの指名となりそうだ。

此花学院 153キロ福田散る/大阪大会 - ニッカンスポーツ・コム:2012/07/24

 此花学院の最速153キロ右腕・福田真也(3年)の夏が、4回戦で終わった。7回無死二塁で登板も2暴投で二塁走者の生還を許し、8回も四球と暴投で13点目を奪われた。最終登板は3回で無安打5奪三振も6与四球1失点と力を出し切れなかった。今後について「プロ志望届を出します。プロに行ければいいですけれど」と声を詰まらせた。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント