2019センバツに向けて、津田学園の注目選手

津田学園, 前川夏輝, 前佑囲斗, 栄龍騰, 降井隼斗, 石川史門, 阿萬田琉希, 大音壱汰

センバツ大会に出場するチームの注目選手について、個人的に注目したい選手を紹介して行きます。今日は津田学園高校。

津田学園高校の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:前佑囲斗投手は182cmから148キロの速球を投げる。回転数を計測して140キロ前半が回転数が良い事から、球速をそのくらいに抑えて質を重視して投げる。将来性が高そうで注目したい。

注目度B:前川夏輝選手は178cmの右の内野手、昨年秋は公式戦13試合で4本塁打、打率.439を記録、逆方向へもホームランが打てる選手で、スイングやコンタクトの感じなどをチェックしたい。

注目度B:大音壱汰選手は50m6.0秒の遊撃手、足はチーム全体がやや厳しめのタイム計測の中での6.0秒は実際にはもっと早いかもしれない。選球眼も良く、打撃の強さがどのくらいか注目したい。ショートでは秋はエラーが多かったが夏に外野手から転向した経緯があり、どのくらい対応ができているかチェックしたい。

注目度C:阿萬田琉希選手は遠投110mの肩で東海大会では2つの盗塁を刺した。打撃でも16打点を挙げておりチャンスに強い所を見せる。まずは肩をチェックしたい。

注目度C:石川史門選手は昨年秋は打率.191と低迷も186cm83kgから柔らかいスイングでスタンドに運ぶ力がある。打撃を見たい。

注目度C:降井隼斗投手はリリーフで登板するサイドハンドの投手で、体重は59kgと細いが球速は141キロを記録するという。スライダーのキレもあり三振を奪える投手で、球の強さを注目したい。

注目度C:栄龍騰投手は2年生、秋の大会は5回1/3で6失点と制球に苦しんだが、1年生大会で好投して自信をつけている。138キロの速球を投げる左腕としてストレートの力や球の伸びなどを見たい。

チーム

投手は前投手は柱として十分の存在感があり、リリーフの降井投手も良い球を投げる。打線も前川選手を中心に得点を奪うクリンナップがいるため、秋は13試合で35犠打としっかりとバントを使ってくる。

その中で投手は2番手の栄投手が、打線では1番の大音選手や主将で長距離砲候補の石川選手が期待され、厚みのある投手陣、打線となればセンバツでもよい成績を納めそうだ。

投手陣は3点くらいに抑える力があり、打線もつないで2桁得点を奪う試合も少なくない。大垣日大から10点、中京大中京から13点を奪っており、投手は5点を目安に余裕をもって投げられるかもしれない。

津田学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP