春季高校野球大会、注目の高校生(投手編)

高校野球大会

春季高校野球大会が各地で開催されています。今年注目されそうな高校生を一覧にまとめました。

 まずは投手編、注目したいのは、岩手県・盛岡大付の出口投手、岩手県では花巻東の大谷と共にプロが注目する左腕投手です。

 常総学院の荒川投手は完投屈指の速球派、重いストレートは良い時は相手が手も足も出ない投球を見せます。都立片倉の金井投手は先日の登板で敗れたものの、プロのスカウトが視察し力のある所を見せました。山梨学院大付の広瀬投手は昨年東海大甲府・高橋周平の甲子園出場を止めた投手、平間投手と共に注目されています。

 石川・星稜の森川投手は186cmの大型左腕、スラッガータイプの打者としても注目されています。大阪は此花学院の福田投手、153kmを記録したと言われるストレートがベールを脱ぎます。奈良・一条の井村投手は1年生からプロが注目している投手、高い素質に注目されており、3年生となり実力を見せたいところ。兵庫・三田松聖の中辻投手は185cmで145kmを投げる2年生の左腕、広島などが注目しています。

 広島県には今井、谷中、松村と3人の速球派投手が揃い、激戦となっています。山口・柳井学園の矢沢投手も昨年の甲子園でレベルの高い投球を見せました。愛媛にも四国NO1・中川投手に松山商・堀田、西条・小川とプロ注目の投手が揃いました。

 福岡には福岡工大付・笠原投手、東福岡の森投手、野原投手と全国的にもトップクラスの投手が揃い、もし直接対決となれば多くのスカウトが集まる事でしょう。熊本県も鎮西の185cmコンビに熊本商の185cm・森川投手がプロ注目、沖縄県には浦添商・照屋投手は147kmを記録、久米島・安村投手も小柄ながら147kmを記録しています。

 投手は随時追加してゆき、紹介ページも更新してゆきます。ご期待下さい!

地区高校選手守備特徴短評評価
北海道女満別二階堂誠治投手3年 176cm75kg 右右145km/hの速球で函館工戦17奪三振、ノーヒットノーランまで後一歩のピッチング。道内強豪校を押さえ込む!B
札幌第一知久将人投手3年 184cm80kg 右右184cmの大型右腕C
苫小牧東鳥越翔投手3年 180cm77kg 右右144kmのストレートにプロ12球団がマークの本格派A
駒大岩見沢和田悠作投手3年 175cm70kg 右右144kmマークの速球派B
駒大苫小牧鎌田智海投手3年 180cm72kg 右右速球は130km台だが素質のある投手C
小山恭平投手3年 185cm70kg 右右球速は130km前半、線も細いが185cmの長身投手が成長を見せるC
北照村上海斗投手2年 188cm79kg 右右投げては138km、打球も強い北のダルビッシュ候補B
青森光星学院金沢湧紀投手3年 174cm80kg 右右明治神宮大会準決勝の鳥取城北戦で4安打13奪三振完封
145kmを記録した力のあるストレートに注目
B
岩手盛岡大付出口心海投手3年 182cm78kg 140kmの速球に5種類の変化球、プロ注目の左腕B
花巻東大谷翔平投手/
外野手
3年 191cm80kg 右左151km/hのストレートでプロもダルビッシュ2世と評価
140m級のホームランも放つスラッガーの素質も十分
特A
秋田秋田商近藤卓也投手3年 184cm80kg 右右143km記録の大型右腕、まだ実力通りの実績を残せていないC
宮城仙台育英渡辺郁也投手3年 175cm78kg 右左141kmをマークの名門のエースC
山形酒田南会田隆一郎投手3年 181cm86kg 右右1年時に145km記録もその後目立った活躍見られず。最終年に勝負B
東海大山形飯屋崎有汰投手3年 178cm72kg 右右130km台のストレートに力があり、変化球のレベルも高いC
福島聖光学院岡野祐一郎投手3年 178cm75kg 右右センバツでの完封を見せる。球のキレが魅力。C
茨城常総学院伊藤侃嗣投手3年 186cm76kg 右右まら荒削りだが144kmの球威あるストレートは良い時は手が出ないA
栃木宇都宮工星知弥投手3年 181cm74kg 右右144kmを記録の完投屈指の速球派、昨秋7者連続を含む15奪三振B
作新学院大谷樹弘投手3年 180cm83kg 右左昨夏甲子園ベスト4の右腕!141km/hの重いストレートA
小林勇介投手2年 183cm78kg 右右1年生で135km記録の183cmの右腕、来年期待B
群馬前橋育英高橋拓巳投手3年 178cm70kg145kmをマークし大きく成長した左腕B
桐生市商柿田兼章投手3年 175cm70kg 右右144kmを記録し大きなスライダーで34回で43奪三振B
前橋商岩崎匠投手2年 180cm70kg1年生で138kmを投げその後成長している。来年期待の投手B
埼玉浦和学院湧本亮太投手2年 175cm72kg 右右130km中盤のストレートを低めに集める安定したピッチングC
伊藤祐貴投手2年 185cm80kg 右右関東大会決勝で急遽ベンチ入りし即先発を任された隠し玉
130km/h後半の重いストレートで内野ゴロ量産。期待!
B
山口瑠偉投手3年 180cm80kg 右右1年生で142km記録し成長が期待されているB
春日部共栄青木隆一郎投手3年 178cm75kg 右右綺麗なフォームから重さのある速球。力強い投球が魅力B
千葉千葉国際相内誠投手3年 180cm75kg 右右130km後半のストレートにキレがあり変化球も鋭いC
木更津総合黄本創星投手3年 183cm80kg 右右故障がちも143kmを記録する能力あり。調子を整えたいC
習志野在原一稀投手3年 170cm65kg昨夏甲子園でも好投を見せた左腕C
木村光彦投手3年 182cm71kg 右右右スリークォーターからの141km。甲子園でも実績積んだC
大野駿投手3年 182cm71kg 右右昨夏甲子園で明徳義塾を完封C
東京関東一中村祐太投手2年 181cm75kg 右右130km/h中盤も角度のあるストレートは外角低めに集まる
帝京打線をこのストレートで封じた魅力のある球
帝京石倉嵩也投手3年 175cm71kg テンポよく切れの良い140kmのストレートを投げるC
渡辺隆太郎投手3年 180cm89kg中学時から注目の投手、身体も大きく142kmを投げる左腕C
二松学舎大付鈴木誠也投手3年 181cm81kg 右右147kmマークし期待されるも制球難、打撃でプロ注目A
日大鶴ケ丘大高光投手3年 187cm79kg 右右187cmから142kmを記録、最後の夏の成長次第では上位もB
片倉金井貴之投手3年 179cm88kg 右右145kmを記録しプロ注目。転校により昨年の実績は無し。B
日大三斉藤風多投手3年 180cm80kg 右右昨年から活躍、140kmのストレート軸に安定した投球C
国学院久我山川口貴都投手3年 181cm82kg 右右1年時に140kmのストレートで注目されたがその後の活躍が見られずB
創価池田隆英投手3年 181cm77kg 右右140kmのストレートのキレがあり、強気の投球で三振も奪えるB
神奈川横浜柳裕也投手3年 182cm77kg 右右キレの良い141kmのストレートでセンバツで完封もB
向上塚脇浩投手3年 187cm74kg 右右187cm大型投手、139kmの球速を伸ばしたいC
日大高邑楽雅貴投手3年 178cm77kg 右右140kmをマークし成長している右腕C
山梨山梨学院大付広瀬直紀投手3年 180cm73kg 県屈指の左腕、キレの良い141kmのストレートB
平間凛太郎投手3年 188cm80kg 右右188cmの大型右腕は143kmマーク、柔軟な投球もできるB
日本航空工藤七輝投手3年 178cm78kg 右右140kmの速球とスライダーなど変化球で安定感C
甲府工三浦慎道投手3年 175cm70kg 右右2年生で140kmを記録した素質の高い投手B
東海大甲府神原友投手3年 180cm78kg 右右139kmのストレートは力があり重いC
静岡
愛知愛工大名電濱田達郎投手3年 181cm86kg 147km/hの直球で秋季大会は2回のノーヒットノーラン特A
至学館小曽根圭吾投手3年 183cm71kg 左左130km後半のキレのあるストレート魅力C
岐阜市岐阜商秋田千一郎投手3年 180cm80kg145kmマークの左腕、期待されながら実績残せてないが素質十分B
大垣商大蔵彰人投手3年 184cm76kg 右右プロ数球団がチェックの本格派C
三重菰野浦嶌颯太投手2年 183cm83kg 右右1年生で150kmを記録した怪物投手、投手育成のうまい菰野で成長A
松阪竹内諒投手3年 177cm73kg 昨年の練習試合で143kmマーク、スライダー、フォークも良い左腕B
三重三浦浩太郎投手3年 172cm78kg 右右小柄だが144kmマークの力投速球派C
新潟日本文理波多野陽介投手3年 176cm62kg 右右2年生で145kmを記録している速球派、切れの良いストレートB
新潟明訓武石智弥投手3年 182cm72kg 右左140km台の力強いストレートを投げるC
長野地球環境漆戸駿投手3年 178cm75kg 右右143km記録の本格派投手、センバツでも好投C
富山
石川星稜森山恵佑投手3年 186cm85kg141kmの大型左腕、打撃での評価も高いB
福井敦賀気比山本翔大投手3年 172cm64kg139km/hのキレのあるストレートとフォークでノーヒットノーランもC
福井工大福井菅原秀投手3年 183cm72kg 右左143kmマークし成長を続ける投手B
上野幸己投手3年 185cm67kg 185cmの大型左腕、菅原投手と競って成長してほしいC
滋賀
京都龍谷大平安田村嘉英投手3年 184cm80kg 右右サイドからい140km台の力のあるストレートC
京都翔英榎本和輝投手3年 181cm78kg 右右投手では138kmマーク、内野手としても魅力がありプロ注目。C
大阪大阪桐蔭藤浪晋太郎投手3年 197cm86kg 右右197cmの長身から151km/hを記録、センバツ優勝投手特A
東大阪大柏原福山純平投手3年 174cm70kg 右右昨夏甲子園で活躍、144km記録した好投手A
此花学院福田真也投手3年 181cm75kg 右両153km記録の速球派、転校したため昨年の公式戦実績は無い。B
奈良智弁学園青山大紀投手3年 182cm72kg 右左昨夏甲子園ベスト8のエース、148km/hのストレート魅力
近畿大会初戦で12奪三振好投したが続く試合で肩を負傷
A
小野耀平投手/
外野手
3年 178cm75kg 右右143km/hのストレートとスプリットで昨夏14回で22奪三振
打撃も魅力
B
天理山本竜也投手3年 179cm69kg 右右センバツで145kmを記録した。変化球も交えた完成度の高い投手B
一条井村孝輔投手3年 185cm83kg 右右140km記録でプロ注目の大型右腕B
和歌山市和歌山商上賢志郎投手3年 182cm84kg 右右143kmのストレートは高めで空振りが奪える球B
智弁和歌山蔭地野正起投手3年 187cm72kg 右左142km、素質は高いが伸び悩みもC
兵庫報徳学園田村伊知郎投手3年 171cm70kg 右左1年生から活躍し147kmを投げる、小柄だが快速右腕B
洲本島垣涼太投手3年 185cm62kg 右左センバツに登場し大型投手としてプロも注目した。B
市尼崎瀬戸茂孝投手3年 180cm80kg 右右142kmのストレートを力を込めて投げるC
村野工福島万喜投手3年 190cm80kg球速は130km台も190cmの大型左腕C
三田松聖中辻神司投手2年 185cm80kg 2年生で145kmをマークした左腕、来年注目投手になるかA
岡山
広島広島国際学院今井金太投手3年 178cm72kg 右右145kmを投げプロが注目している。強豪校を打ち破れるかB
盈進谷中文哉投手3年 180cm72kg 右右145kmの力のあるストレート魅力B
広陵松村遼投手3年 183cm75kg 右右183cmのがっしりした体格から投げられる143kmは重いB
鳥取鳥取城北西坂凌投手3年 184cm82kg 右右堂々の体躯から140kmのストレートを投げる力のある投手A
島根
山口早鞆間津裕瑳投手3年 174cm72kg 右左144km/hのストレートで9者連続を含む14奪三振もC
柳井学園矢沢駿投手3年 180cm75kg 右右昨夏に甲子園出場。143kmの力のある速球にプロ注目B
宇部鴻城笹永弥則投手3年 176cm72kg 143km記録した左腕、まだまだ伸びるC
金丸将投手3年 176cm81kg 高校通算15本塁打の打撃に注目C
香川大手前高松藤川将投手/
遊撃手
3年 181cm80kg 右右投げては141km計測し、打っても通算20本塁打の大型遊撃手B
徳島生光学園眞砂敦投手3年 180cm64kg 右右140kmのストレートとスライダーにプロ注目C
愛媛宇和島東中川源和投手3年 180cm82kg 右右145kmをマークし四国NO1投手としてプロ注目A
松山商堀田晃投手3年 180cm82kg 右右中学時代から中川のライバル。143kmマークB
西条小川慶也投手3年 185cm77kg 右右この春急成長、145kmを記録しプロのスカウトも注目A
新田河野衛投手3年 180cm75kg 右右球速は130km台だが力の有るストレートC
高知明徳義塾福永智之投手3年 177cm69kg 右右サイドスローからの144kmの強気の投球が魅力B
小方聖稀投手2年 183cm78kg 球速は130km台だが1年生からプロが注目の本格派左腕A
福岡福岡工大城東笠原大芽投手3年 185cm75kg 今年のドラフト1位候補、三振の奪えるストレート魅力A
東福岡森雄大投手3年 183cm72kg 145kmの力のあるストレートでドラフト上位候補A
野原総太投手3年 181cm78kg 右右144kmを記録し力を付けていた右のエースB
自由ヶ丘本田剛士投手3年 190cm74kg 右右190cmの大型投手、球速は130km台C
佐賀鳥栖初瀬耕輔投手3年 183cm87kg 139kmの力のあるストレートを投げる左腕投手B
長崎
大分三重総合安藤昇投手3年 177cm76kg 右右必殺のスライダーで柳ヶ浦から18奪三振を記録した投手C
熊本鎮西桐明伸行投手3年 185cm82kg 大型左腕投手として期待されている。C
濱純司投手3年 185cm78kg 右右130km後半の球威のあるストレートC
熊本商森川祐至投手3年 185cm80kg 右左今春140kmを超すストレートで15回を投げ切り22奪三振を記録A
城北大城悠也投手3年 182cm75kgやわらかい投げ方ができ、鋭いストレートをインコースに投げるC
宮崎
鹿児島神村学園柿澤貴裕投手3年 176cm74kg 右左145km/hを記録センバツ大会でも好投したB
鹿屋照屋和輝投手3年 182cm68kg 右右腕の振りが良く142kmは快速球C
鹿児島工江口昌太投手3年 180cm81kg 右右140kmも綺麗なフォームからのストレートにプロ注目B
沖縄浦添商照屋光投手3年 178cm80kg 右右147kmを誇る勢いのあるストレート魅力B
久米島安村太樹投手3年 171cm75kg 右右離島の星、小柄だが147km記録の力ありC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1.  出口投手が(大谷投手と共にプロが注目している)左腕投手、という事で大谷投手は右腕ですね。あとフルネームは下の一覧に載せてあります。

  2. あと読者に知識が豊富な人はそう多くないですし、何より個別ページに飛ぶことが出来るということを考えても、選手の名前はフルネームで表示するべきではないですか?

  3. 花巻の大谷がいつ左腕になったって?